InDesign(インデザイン)とは? - Web/DTPデザイン・デザイナー育成 パソコン教室 KENスクールの紹介ページです。

  1. KENスクール TOP >
  2. Webデザインコース TOP >
  3. InDesign(インデザイン)とは?

InDesign(インデザイン)とは?

どんな技術?どんなスキル?

雑誌やパンフレットなど、「ブック」の制作はお任せ!業界標準「DTP」ソフト!

InDesignは、印刷物制作用に開発されたページレイアウトソフトです。写真やイラスト、テキストといった様々な素材をドキュメント上に配置し、編集・レイアウトを行います。特にページ物の制作に威力を発揮し、高度にテキストや画像をコントロールできます。

さらに、他のアプリケーションと連携を行いながらの自動組版や、PDFへの書き出しも非常に効率良くでき、現在ではレイアウトソフトの業界標準(デファクト・スタンダード)となっています。

写真を撮ることも、撮られることも、好きになる。

Adobe InDesignは、レイアウトソフトとして利用する機会が急速に高まり、多くのデザイナーやクリエイターにとって、欠かせないツールとなっています。
InDesignがここまで支持されるようになった背景には、Photoshop、Illustrator、Bridgeなど他のグラフィックアプリケーションとスムーズな連携が行えることや、美しく高度な文字組みが実現できること、OpenTypeフォントの機能を存分に発揮できること、近年主流となったPDF入稿が手軽に行えることなどが、挙げられます。

必要なスキルをしっかり習得!初心者もプロにする「個別指導」カリキュラム。

KENスクールには、InDesignを使わなくともIllustratorやPhotoshopを使った経験をお持ちの方が、よく学習に来られます。InDesignは、とりわけIllustratorのインターフェイス(画面設計)に近く、各種ツールやパネルは同じように機能します。デザイナーに限らず、ベテランユーザーであれば、InDesignが馴染みやすいアプリケーションであることを実感できるはずです。

最近では、電子書籍の普及に伴い、エディトリアルデザインの分野に限らず注目を集めるInDesign。様々な学習を通じて、必要となる技術を余すことなく学習していきます。

作品創りを通して学べる、制作の「難しさ」「楽しさ」、そして「達成感」。

Photoshop 課題内容

KENスクールでは、知識だけでなく、より実践的にソフトを覚えていただくため、授業の各章ごとに様々な課題=「作品創り」を行っていく時間を設けています。

中には完成するまで、難しくて大変なものもありますが、出来上がった瞬間の「達成感」と「喜び」はひとしおです!自分のペースで理解をし、楽しく作成していくことで、日々成長を実感できることでしょう。

学習できる講座の紹介

InDesign

パンフレットや雑誌のデザインなど、「長文編集」が必要な制作物に用いる「InDesign」の操作を学ぶ講座です。CS3以降、日本のDTP市場では、業界標準のソフトとなりました。目次作成やページ番号設定、テンプレート作成など編集技術を学びます。

9時間 ¥47,000 (税抜き)

詳細はこちら
InDesign上級

雑誌のレイアウトから、グラフィックを使用したページデザイン、表の作成など多岐に渡り、現場で使えるテクニックを網羅した講座です。 共同作業を可能にさせるブックの機能や、ドキュメントの同期、 さらにはデータ入稿まで、DTPの一連作業を体得できます。

20時間 ¥103,000 (税抜き)

詳細はこちら
  1. KENスクール TOP >
  2. Webデザインコース TOP >
  3. InDesign(インデザイン)とは?