KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

パソコン全般

PrintScreenとSnippingToolで画面キャプチャ

ブログなどを作成する際に、よく画面キャプチャが必要になります。
また、実務でも手順書や報告書などビジネス文書作成のシーンでも、画面キャプチャは必要になることが多いものです。

一般的には「Print Screen」…でも使いにくい。

一般的に知られている「PrintScreen(画面全体)」や「Alt+PrintScreen(アクティブエリア)」などの方法ですと、右クリックメニューはキャプチャを撮る際に消えてしまいます…。

Windows標準機能「Snipping Tool」

そこで今回ご紹介するのは、「Snipping Tool」という便利なツールです!

2016OA_01

結構知らない方も多いのではないかと思います。
ちなみに、Snipping ToolのSnipとは、「(ハサミなどで)ちょん切る」という意味です。
起動方法はお使いのOSにより多少違いはありますが、
基本的にはスタートメニューから検索をかけて頂くか、よく使われるかもという方は、起動用のショートカットを作成することをお勧めします。

「Snipping Tool」の使い方

Snipping Toolでキャプチャを取るには、「新規作成」ボタンをクリックします。
すると、以下のように画面全体に霧がかかったような状態の「切り取りモード」になります。

2016OA_02

この状態で、切り取りを行いたい部分をドラッグ&ドロップで選択します。

2016OA_03

実際に切り取った画像がこちらです。

2016OA_04

右クリックメニューなどをキャプチャしたいとき

さて、問題の右クリックメニューなどをキャプチャしたいときの操作手順ですが、まずはSnipping Toolを起動して、「新規作成」ボタンを押します。ここまでは先程と同じです。

2016OA_05

ここで一旦「Esc(エスケープ)」ボタンを押します。
すると、キャンセルボタンが無効状態になったまま一旦霧が晴れたような状態になります。
ここで、対象を右クリックして「右クリックメニュー」を表示させます。
うっすらと右クリックメニューが表示されていますね
この状態で「Ctrl+PrintScreen」キーを押します。

2016OA_06

そうすると、切り取りモード状態になるので、切り取りたい箇所をドラッグ&ドロップで選択します。
右クリックメニューを表示させたまま、キャプチャを撮ることができました。

     2016OA_07

みなさんも、部分的に切り抜いた画面をキャプチャしたいときや、右クリックメニューをキャプチャしたいときは「Snipping Tool」を活用してみてください!

この記事に関連する講座

操作効率UPで生産性を高める!

詳しくはこちら


カテゴリー: Office Windows デザイン パソコン全般 ビジネス文書 プレゼンテーション

Webサイト制作に便利なChrome拡張機能3選

office-625893_640

webサイト制作をする場合に、知識がない場合はインターネットでちょっと調べることもあるもの。そんな時にブラウジングが早いことは重要ですし、さらに便利なツールがあれば時間的な効率化が図れます。
そんな中で早いブラウザとして知られるのがGoogle Chromeですね。
このGoogle Chromeを使用するならChrome拡張機能は是非とも知っておきたいところ。
今回は数あるChrome拡張機能からwebサイト制作をする上で便利な3つの拡張機能をご紹介します。

Chrome拡張機能とは

Chrome拡張機能とはGoogle Chromeに追加ができる拡張機能のことで、必要な機能を追加してChromeの効率化が図れます。この機能はGoogle社が提供しているものでありますが、個人または企業が作成したものがあり、バラエティに富んでいます。それぞれの目的に合った拡張機能を入れて、より快適にスピーディにブラウザを使用することが可能になります。
このChrome拡張機能を使用するにはChrome Webストアから好みのカテゴリを選んで右上にある青色のボタンをクリックするだけです。そうするとダウンロードが始まり、その後自動でインストールされます。
作業が間違いなく快適になりますのでwebサイト制作には欠かせないものと言えます。

webサイト制作に便利な拡張機能

webサイト制作はChromeの拡張機能を便利に活用してサクサク作業を。以下の3つの拡張機能は是非ご活用ください!

Speed Dial 2

Google Chromeといえばシンプルで見やすいスタートページに「よく見かける」が表示されますが、自分で設定できないのが玉にキズ。しかしSpeed Dial 2はこれを解決してくれます。デザイン的に優れているだけでなく、直感的で使いやすいUIになっています。設定を変えて自分本位のスタート画面にできるのは魅力で、サイト制作に関する参考ページのブックマークに役立ちます。

Evernote(Google Chromeアプリ版)

Evernoteといえばメモ保存やウェブクリップとして活用する方も多いでしょう。しかし、起動が重いと感じる方も多いのでは?そこで活用したいのがウェブアプリ版のEvernote。ノートの編集、マージ、同期などの機能がちゃんと使えて便利です。

Pocket

サイトの制作において分からないことは参考とするページを確認する場合に便利な拡張機能です。気になったサイトをワンクリックで保存できます。細保存したページをダウンロードさえしておけば、携帯電話やタブレットでも見ることができますので便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
このようなGoogle Chromeの拡張機能を使用するとwebサイト制作の際に参考になるサイトを簡単にブックマークでき、結果的に効率化できます。分からないことがあった時に毎回検索窓に入力をしていた方はスピードアップできる期待があります。
とはいえ、webサイト制作の全てを自分で行うには限界があり、サポートをしてもらうことが大切です。KENスクールではwebサイト制作の「いろは」を学べますので、これからサイト制作を始めたい、将来的にwebコーディングの仕事に携わりたい方にオススメできます。


カテゴリー: Web デザイン パソコン全般

IT系資格でメジャーな資格まとめ

e99ab327553947b1b44ca71dcec95074_s

急成長という言葉が相応しいIT業界。
近年では優れたアイデアを具体的な形にしてユーザーの利便性の向上を図ることが求められています。世の中にこの業界が広まり始めた当初は、アイデアで勝負できましたが、現在ではそれを形にする技術力がなければチャンスを掴むことも活躍することも難しくなっています。

しかし、技術力を高めるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
その答えは難しいものではありません。より深い知識を得ることと、資格を取得することが第一歩です。
そこでIT分野で活躍するためのメジャーな資格をまとめました。

資格の必要性

IT業界では資格を持つことを重要視している企業が増えていますが、その理由の一つにグローバル化があります。海外に進出する企業もどんどん増えていますし、逆に海外から日本国内へとやってくる外国企業もたくさんあり競争が激化しています。そこで勝ち抜くためには何らかの強みを持つことが必要ですから重要視しているのです。

また、多くのIT企業では人材を採用するにあたり、できるだけ優秀な人材が欲しいと考えます。その際の指標の一つに資格があり、就職が有利に進む可能性が高くなります。
採用となって、いざ働くとなれば何らかの強みを持っている人材は重宝されますので、このような業界に進むためには予め関連するものを取得しておけば就職する際の武器となるでしょう。

IT系資格

IT分野で働きたいという場合に役立つ資格は次のようなものがあります。

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

マイクロソフト社のOffice製品の実務スキルを認定する試験で、別名MOSと呼ばれています。
業務上マイクロソフト社のアプリケーションを使用する頻度は高いです。
より深い知識を持っておくと個人のスキルアップにはもちろん、就職や転職においても有利になります。

シスコ技術者認定

世界共通の資格となっていて、シスコシステムズ社というネットワーク関連機器において世界で最も多くのシェアをされている企業が行う試験です。
この資格は5つの認定レベルと6つの分野で構成されており、その一つのCCNAを取得することはネットワーク技術 (TCP/IP) の基本的な力があることの証明と資格となります。

Sun Java認定資格

人気のプログラミング言語として昨今で多く用いられるのがJavaで、これはサン・マイクロシステムズ社により開発された言語です。その特徴がWindowsやUnixなどのOSが違っても使用できるのがメリットとして活用の場が広がっています。Java認定資格はキャリアアップはもちろんですが、就職や転職にも有利になりますし世界に通用する資格としてちゅうもくされています。

まとめ

IT分野での活躍をしたいと考えるのであれば、これらの資格は是非とも取得をしておきたいものです。いずれの資格も独学でやってやれないことはありませんが、より効率的に、より深く学び、しかも短期間でとなれば、やはり専門のスクールに入学することがおすすめです。
KENスクールであれば、これらの資格を取得するためのサポートを得られますし、しかも個別指導がありますので就職・転職に有利になります。
これからIT業界で働くことを希望するのであれば、まずはホームページを確認してみると良いでしょう。


カテゴリー: ネットワーク パソコン全般 プログラム 資格

システムエンジニアを目指す人必見!初心者向けガイド

keyboard-428326_640

正規雇用が難しい世の中になり、「将来役立つ何かを身につけたい」や「就活を視野に安定した収入が確保できる資格を取りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。人に必要とされる、やりがいのある仕事をしたいと考えている方も多いかもしれません。

さて、IT業界用語の「システムエンジニア」と「プログラマー」という言葉を耳にした事がある方も多いと思いますが、その違いをご存知ですか。

システムを設計し全体を把握管理し設計書を作る人がシステムエンジニアで、システムの設計書からプログラムを作る人がプログラマーと呼んでいます。
建設業で例えると、建築家と大工というイメージではないでしょうか。ここでは初心者向けのガイダンスとしてご活用いただければ幸いです。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアは「SE」とも呼ばれ、その仕事内容はシステム開発やソフトウェア開発の企画、設計をはじめ、クライアントとの折衝や制作の進捗管理まで、開発プロジェクト全般を把握し、プログラマーを管理しながら完成形を作り上げるというリーダー的存在です。
一般的に、PCに向かってひたすらお仕事をしている印象がありますが、クライアントのニーズに合わせ最適なシステムを開発する必要があり、まずクライアントの要望や現状の問題点を的確に捉えること、そしてハードウェア、ソフトウェアなどコンピュータ全般の知識やプログラミングのスキル、そして新しい提案をクライアントに説明するプレゼンテーション能力やコミュニケーション力も求められます。

具体的に開発された商品を目にする事は難しいですが、携帯電話の支払いシステム、コンビニのレジや銀行のATM、鉄道や飛行機の運航管理など、あらゆる分野でシステムエンジニアが開発した最新技術は日常生活の中で日々活躍しています。
IT化、情報化が進む現代社会では、どの分野においてもより高度なシステムや製品開発が求められており、システムエンジニアの分野は将来有望な職種と言えるでしょう。

システムエンジニアの必要な知識・スキル

システムエンジニアになる為に必要な資格はありません。
しかしながら、IT機器を駆使する仕事であるので、コンピューター全般に関する幅広い知識や専門的なスキルが必要となってきます。
また、システム開発のリーダーとして、コミュニケーション能力の高さも重要な資質として求められます。
さらには、クライアントへのプレゼンテーションから始まり、必ず発生するといっても過言ではないトラブル対応、問題解決能力が必要になってきます。

問題点をしっかりと見つけ出し、その解決策を見いだせる能力や、相手が求めているものを読みとれる能力が備わっていれば、実務がよりスムーズになり、信頼の厚いシステムエンジニアとして認められるようになります。
必要な知識・スキルは一言では表せませんが、専門的なスキルにとどまらない、社会人としての資質を問われる職業なのです。

とっておきたい資格

システムエンジニアがとっておきたい資格はいくつかあります。
IT系の関連資格として、経済産業省が実施する国家試験やマイクロソフトなどが主催する民間の資格など、様々な種類の資格試験が存在します。
中には、世界共通の資格として認定されていたり、公的な評価基準として定着している資格もあるため、取得しておくと就職や転職に有利になります。
IT系の専門学校や大学では、在学中にこうした資格を取得してから就職に臨むケースが一般的ですが、先にシステム開発会社などに就職し、入社後に資格取得を目指す人、またそれを必須としている企業もあります。

試験の種類や難易度も幅広くあるため、自分が目指したいと感じる目標を決めてチャレンジするとよいと思います。


カテゴリー: パソコン全般 プログラム

新規Mac購入者は無料に! iWorkを使ってみよう

新規Mac購入者は無料に!iWorkを使ってみよう

昨年の10月末から、新規MacとiOSデバイス購入者への「iWork」の無料提供が開始されました。無料提供後に出荷されたMacには、最初からバンドルされています。またiOS 7用のiWorkは、2013年9月1日以降にアクティベートされたiOS 7搭載端末ならApp Storeから無料でダウンロード可能です。より身近になったApple製ビジネスアプリケーションをこの機会に使ってみてはいかがでしょうか?

iWorkを構成する3つのアプリ

iWorkには「Pages」「Keynote」「Numbers」の3つのアプリケーションが含まれています。

1 ビジネス文書もおまかせの文書作成アプリ「Pages」

「Pages」は高度なレイアウト機能を持つ文書作成アプリケーションで、シンプルなビジネス文書はもちろん、テキストボックスや画像を組み合わせ、凝ったレイアウトの文書も簡単に作成できます。

Appleらしい洗練されたデザインのテンプレートが用意されているのも魅力です。なお、多くのワープロソフトと異なり、縦書きには対応していませんのでその点は注意が必要です。
1.Pages
Pages

2 カリスマも愛用のプレゼンツール「Keynote」

あのスティーブ・ジョブズも愛用していたという「Keynote」は、プレゼンテーションを作るためのアプリケーションです。センスのよいデザインはもちろん、スライドに動きを付けるためのアニメーションの多彩さは一見の価値があります。ムービーや画像の挿入機能、スライドショーの自動再生に対応する機能など、高度なスライドショーの作成が可能なアプリケーションとなっています。
2.Keynote
Keynote

3 単なる表計算ソフトではないのが「Numbers」

最後の一つ「Numbers」は、Officeなどのビジネスソフトを使い慣れている人にもぜひ試してみてほしい、とても特徴のあるソフトです。

充実した計算機能を持つため、表計算ソフトとしてくくられることもありますが、一般的な表計算ソフトとは違い、シートはマス目状ではありません。ベースとなるスプレッドシートは白紙で、その上に表や画像、テキストボックスなどを挿入・配置することで、表計算ソフトの常識を超えたレイアウトの自在さを実現している点が最大の特徴です。従来の表計算ソフトではできなかった、列幅の異なる2つの表を上下に並べるといったことも難なくできます。

もちろんレイアウト面だけでなく、数多くの関数に対応するなど表計算ソフトとしても十分な機能を有しています。またセルを選択するだけで計算結果が表示されるクイック計算機能、データのソートやフィルタなど、情報の分析に役立つ機能も備わっています。
3.Numbers
Numbers

画面構成と基本操作

iWorkのアプリケーションは共通したインターフェイスとなっていて、メニュー、ツールバー、インスペクタを使って機能を実行します。聞きなれない「インスペクタ」とは、画面の右側に表示されるサイドウィンドウのようなもので、選択している対象に応じて内容が変化します。選択中の対象に対して実行可能な機能だけが表示されるため、機能の所在が把握しやすく、より素早い操作が可能となっています。視認性の高いボタンで、関連する機能がまとまって表示されるので、パソコンの操作に不慣れな人でも使いやすくなっています。

一方旧来より馴染んできたメニューバー、ツールバーも健在で、インスペクタに表示されるほとんどの機能はメニューからも実行できます。ビジネス系のアプリケーションを使い慣れている人は、メニューの方が使いやすい場合も多いでしょう。好みに応じて使い分けるとより効率的です。
4.インターフェイス

百聞は一見に如かず!まずは触ってみよう

購入時にOfficeがバンドルされていることの多いWindowsパソコンと異なり、ビジネス系のアプリケーションは別途購入が必須だったMacにとって、無料でのiWork提供はまさに朗報です。Appleのアプリケーションらしく、直観的にわかりやすいインターフェイスはとても馴染みやすいので、ぜひ一度起動してみてはいかがでしょう?使い勝手の良さをきっと実感できるはずです。

 

Photo: Some rights reserved by c_ambler, flicker
photo credit: c_ambler via photopin cc


カテゴリー: Mac パソコン全般 ビジネス文書

OfficeでもiPhoneでも。今更聞けないクラウドって何?

【12-8】OfficeでもiPhoneでも。今更聞けないクラウドって何

目にする機会も多く、もはや聞きなれない言葉ではなくなってきた「クラウド」。よくわからないので使っていない、なんとなくしか理解していないという人は要チェック!
クラウドのメリットを知り、その恩恵をがっちり受けましょう!

クラウドの基本を知ろう

ごく簡単に言うと、「クラウド」とはこれまでパソコン内で行っていたことを、インターネット上のサーバー内で行うシステムのことです。それを実現するために必要なサーバーやソフトなどの提供を行うサービスが「クラウドサービス」と呼ばれています。

クラウドという言葉を知らなくても、GmailやHotmailのサービスを利用したことのある方は多いのではないでしょうか?これらは、インターネット上のメールサーバーにメールを置き、デバイスから覗きに行くという、クラウドサービスの代表例です。

イメージができたところで、通常はパソコンに保存しているファイルをインターネット上のサーバーに保存することで、どのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

  • 出先などで他のパソコンやデバイスからも簡単に利用できる
  • パソコンのハードディスクにその分空きができる
  • モバイル端末などハードディスク容量の少ない機器でも大きなファイルを扱える
  • パソコンが壊れるなどしてもサーバー上にあるファイルは無事

ごく単純なサービスでも、ざっとこれだけのメリットがあります。さらに昨今ではサーバー上でソフトを動かせるサービスや、複数のデバイスを自動で同期(=クラウド上のデータと各デバイス上の情報を一致)できるサービスなど、クラウドの利点を活かしたサービスが多数登場し、より便利になっています。

iPhoneもOfficeも!手間を省けるクラウドサービス

インターネット上のサーバーに保存、サーバー上のソフトを使うなどと聞くと、操作が複雑になるように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。逆に面倒な操作が省けるのもクラウドサービスの良さの一つです。

そのわかりやすい例が、Apple社が提供するクラウドサービス「iCloud」です。iPhoneやiPad、またパソコンから同じIDを使ってiCloudにログインすることで、Appストアで購入したアプリやiTunesストアで購入した楽曲データをiCloudに保存、複数の端末に自動的に同期できます。パソコンで購入した曲を持ち歩くためにiPhoneに移して…といった操作はもういりません。iCloudではそのほかにも、写真やファイル、メールの連絡先や予定表など、複数のデータを共有できます。

またビジネスソフトの定番Office 2013でも、Microsoft社が提供するクラウドサービス「SkyDrive」との連携が図られ、WordやExcelから直接サーバーへファイルを保存できるようになっています。

マイクロソフトアカウントを使ってログインしておけば、ファイルの保存先としてSkyDrive内のフォルダを選択できる仕組みなので、パソコン内のフォルダに保存する場合と操作はなんら変わりません。パソコン内に一度ファイルを保存してから、ブラウザなどでクラウドサーバーへアップロードするといった手間は不要です。このように、より便利で快適な環境を目指し、クラウドサービスは日々進化しています。

使えばわかる便利さを体感しよう

例に挙げたiPhoneやOfficeなど、多くの人が日常的に利用するものでも採用されているように、クラウドサービスは今やとても身近なものです。パソコンに精通した人に向けたサービスではないので、アカウントの取得や設定も簡単です。気負うことなく使い始めてみましょう。実際に利用するとクラウドの仕組みも自然と理解でき、自分にとって便利なサービスがきっと見つかります。

 

Photo: Some rights reserved by Sebastien Wiertz, flicker
photo credit: Wiertz Sébastien via photopin cc


カテゴリー: クラウド ネットワーク パソコン全般

ブルーライト対策メガネが苦手な方へ!疲れ目を回復するエクササイズ

【12-2】ブルーライト対策メガネが苦手な方へ_疲れ目を回復するエクササイズ_五十川

長時間のパソコン使用による疲れ目…ブルーライト対策メガネ、画面の明るさ調節などで、少しは軽減できるかもしれません。とはいえ、パソコン作業が仕事上避けられないとなると、どうしても疲労は溜まってしまいます。

また、ブルーライト対策専用メガネは、普段メガネを使わない方や、その独特の見え方が気になる方には使いづらいでしょう。

そこで、仕事の合間にできそうな、「目の疲れに効く」簡単エクササイズを試してみてはいかがでしょうか?

なぜ目が疲れるのか?

仕事などでパソコンを使う場合、画面に集中し、目の筋肉が緊張します。そのため、まばたきの回数が減り、それが目の負担となります。また、目の筋肉が緊張した状態が続くと、目の周囲の血行が悪くなり、疲労物質が溜まります。その結果、疲れ目となり、ひどくなると目が乾くドライアイの症状や、頭や首も痛むなどの症状が出ることもあります。

このような長時間のパソコン使用による症状を、コンピューター視覚症候群(CVS)といいます。CVSを予防するために、オフィスでできる簡単なエクササイズを2つご紹介します。

CVS対策に!目の疲れを癒すエクササイズ

1 20‐20‐20‐20エクササイズ

CVSは、デスクワーカーなら誰でも経験があるような症状です。そこで、CVS対策としてアメリカの医師によって考案された、「20-20-20-20」という目の疲れを癒すエクササイズをご紹介します。

20分おきに20フィート(約6メートル)先を20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをします。このエクササイズをすれば瞳が潤って、目の疲れが癒されます。

「20-20-20-20」を考案した医師によれば、パソコンの利用時間が3時間以上に及ぶ場合、CVSになる恐れがあるそうです。また、エアコンの効いたオフィスは乾燥しがちで、目によくない環境であるため、仕事前にはドライアイ用の目薬を使用、仕事の合間に「20-20-20-20」を行えば、目の疲労が軽減されるとのことです。

2 眼球ぐるりエクササイズ

パソコン作業では同じところばかりを見て、目の筋肉が硬直してしまうことがよくあります。そこで、意識的に眼球を動かして、目の周りの血行をよくするエクササイズも大切です。

まずは眼球を上下に大きく何度か動かします。次に眼球を左右に大きく何度か動かし、最後は右回りに一周、左回りに一周と交互に回すことを数回繰り返して終了。まるで首の運動のように簡単ですが、やってみると目の周りの血流がよくなったことを感じられるはずです。

適度な休憩&エクササイズでリフレッシュ!

目の疲れが溜まり、CVSの症状がでてくると、仕事の効率は悪くなり、健康面にも悪い影響を及ぼします。忙しいときこそ、集中して効率を上げたいもの、定期的に休憩をとり、目のエクササイズでリフレッシュされることをおススメします。

 

photo credit: MiiiSH via photopin cc


カテゴリー: パソコン全般