KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

クラウド

Office2013の新機能

01

Microsoft Officeアプリケーション2013を開いてまず目に付くのは、きれいで新しくなった外観です。なおかつ、使い慣れた機能は従来のままに、大幅な時間短縮につながる新しい機能もいくつか追加されています。また、新しいOfficeは、スマートフォン、タブレット、クラウド、さらにOffice がインストールされていないPC上でも機能することができます。そのため、どこにいても、どのようなデバイスを使用していても、いつでも必要なファイルにアクセスできるようになりました。

必要な時と場所でOfficeにサインインすることが可能

  • Microsoftアカウントを使ってOfficeをインストール
  • Officeプログラムを、別のコンピューターにストリーミング
  • アクセスと共有が簡単にできるように、ファイルをOneDriveに保存
  • 個人設定をどこにでも持ち歩ける

家族みんなのOffice

1台のコンピューターを家族全員で共有するのは大変です。
Office365Homeサブスクリプションを使用すると、5 台までのPCまたはMacにOfficeをインストールすることができます。この操作を行うと、家族全員が自分のOffice、自分のファイル、自分の設定を使うことができるようになります。

02

バージョン更新は自動的に行われるので、常に最新のアプリケーションを使用できるようになります。さらに、追加の1TBのOneDrive記憶域に保存すれば、タスクリストからプレゼンテーションまで、ファイルをどこででも使用できるようになります。また、毎月 Skype世界通話プランを60分無料で利用できるので、40カ国以上の友人や家族と、相手がSkypeアカウントを持っていなくても通話することも可能になります。

Officeを使うために自分のコンピューターの前にいる必要もありません。インターネット接続さえしていれば、Office Online を使って、ドキュメント作成したり、OneDriveに保存したドキュメントで作業を行ったりすることができます。

クラウドにファイルを保存して、共有する

03

クラウドとは、cloud(雲)の意味です。従来は、ユーザーが自分の携帯電話やパソコンの中に、ソフトウェア、データなどを保有し、使用・管理していました。ですが、クラウドを使用すると、ネットワーク上にあるサーバの中に、ソフトウェアやデータが存在し、ユーザーは必要に応じてネットワークを通じてアクセスすることにより、サービスを利用できます。 主にIT業界において、コンピューターのシステム図などでネットワークを“雲”の形で表すことからクラウドという名前で呼ばれています。

そのクラウド上から、Word 文書、Excelスプレッドシート、その他のOfficeファイルへのアクセスや共有ができます。また、同僚と同時に同じファイルで共同作業を行うこともできます。

04

共有の会議

オンライン会議にて、PowerPointのスライドやWord 文書、Excelスプレッドシート、およびOneNoteのノートを共有することができます。しかも、会議出席者は、Officeアプリケーションをインストールしていなくても、ファイルを参照することができます。

05

簡単になったファイル共有

従来までと比べ、ファイルの共有を行うのも簡単になりました。
Officeプログラムのたった1か所、[ファイル]の[共有]から、他のユーザーとのファイルの共有に関するすべてのオプションにアクセスできます。

06

上記のような新機能がOffice2013には追加されています。
もし新しいOfficeの導入を検討されている方は、ご参考にしていただければと思います。


カテゴリー: Office クラウド

OfficeでもiPhoneでも。今更聞けないクラウドって何?

【12-8】OfficeでもiPhoneでも。今更聞けないクラウドって何

目にする機会も多く、もはや聞きなれない言葉ではなくなってきた「クラウド」。よくわからないので使っていない、なんとなくしか理解していないという人は要チェック!
クラウドのメリットを知り、その恩恵をがっちり受けましょう!

クラウドの基本を知ろう

ごく簡単に言うと、「クラウド」とはこれまでパソコン内で行っていたことを、インターネット上のサーバー内で行うシステムのことです。それを実現するために必要なサーバーやソフトなどの提供を行うサービスが「クラウドサービス」と呼ばれています。

クラウドという言葉を知らなくても、GmailやHotmailのサービスを利用したことのある方は多いのではないでしょうか?これらは、インターネット上のメールサーバーにメールを置き、デバイスから覗きに行くという、クラウドサービスの代表例です。

イメージができたところで、通常はパソコンに保存しているファイルをインターネット上のサーバーに保存することで、どのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

  • 出先などで他のパソコンやデバイスからも簡単に利用できる
  • パソコンのハードディスクにその分空きができる
  • モバイル端末などハードディスク容量の少ない機器でも大きなファイルを扱える
  • パソコンが壊れるなどしてもサーバー上にあるファイルは無事

ごく単純なサービスでも、ざっとこれだけのメリットがあります。さらに昨今ではサーバー上でソフトを動かせるサービスや、複数のデバイスを自動で同期(=クラウド上のデータと各デバイス上の情報を一致)できるサービスなど、クラウドの利点を活かしたサービスが多数登場し、より便利になっています。

iPhoneもOfficeも!手間を省けるクラウドサービス

インターネット上のサーバーに保存、サーバー上のソフトを使うなどと聞くと、操作が複雑になるように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。逆に面倒な操作が省けるのもクラウドサービスの良さの一つです。

そのわかりやすい例が、Apple社が提供するクラウドサービス「iCloud」です。iPhoneやiPad、またパソコンから同じIDを使ってiCloudにログインすることで、Appストアで購入したアプリやiTunesストアで購入した楽曲データをiCloudに保存、複数の端末に自動的に同期できます。パソコンで購入した曲を持ち歩くためにiPhoneに移して…といった操作はもういりません。iCloudではそのほかにも、写真やファイル、メールの連絡先や予定表など、複数のデータを共有できます。

またビジネスソフトの定番Office 2013でも、Microsoft社が提供するクラウドサービス「SkyDrive」との連携が図られ、WordやExcelから直接サーバーへファイルを保存できるようになっています。

マイクロソフトアカウントを使ってログインしておけば、ファイルの保存先としてSkyDrive内のフォルダを選択できる仕組みなので、パソコン内のフォルダに保存する場合と操作はなんら変わりません。パソコン内に一度ファイルを保存してから、ブラウザなどでクラウドサーバーへアップロードするといった手間は不要です。このように、より便利で快適な環境を目指し、クラウドサービスは日々進化しています。

使えばわかる便利さを体感しよう

例に挙げたiPhoneやOfficeなど、多くの人が日常的に利用するものでも採用されているように、クラウドサービスは今やとても身近なものです。パソコンに精通した人に向けたサービスではないので、アカウントの取得や設定も簡単です。気負うことなく使い始めてみましょう。実際に利用するとクラウドの仕組みも自然と理解でき、自分にとって便利なサービスがきっと見つかります。

 

Photo: Some rights reserved by Sebastien Wiertz, flicker
photo credit: Wiertz Sébastien via photopin cc


カテゴリー: クラウド ネットワーク パソコン全般