KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

写真

Photoshopで湯気を作って、熱々のコーヒーを演出する

美味しい料理と言えば、熱々出来立ての料理ですね!

しかし、実際に写真を撮っている間にみるみる料理は冷めていき、アツアツ感を伝えるのはとても難しいです。

また環境によっては湯気が写真に収められなかったりします。

今回はそんなお悩みを解消する美味しい料理写真加工の定番である湯気の作り方をカフェで出されるコーヒーの写真を使って紹介しましょう。

手順1

①新規レイヤーを作成します。「湯気レイヤー」と分かりやすいようにレイヤー名をつけましょう。

②描画色を「黒」、背景色を「白」にします。

③湯気レイヤーを[ フィルター描画雲模様1  ]に設定しましょう。

コーヒー湯気の作成手順1ー1,2,3

④湯気レイヤーをレイヤーパネルの[ 描画モードスクリーン ]に設定しましょう。

コーヒー湯気の作成手順1ー4

手順2

次に、コーヒーの湯気をリアルに演出します。

⑤消しゴムツールを使って、湯気レイヤーの不要な部分を消していきます。

コーヒーの湯気の作成手順2ー5

⑥湯気レイヤーを[ フィルター変形波形  ]に設定しましょう。

波形の設定パネルのプレビューを見ながら、お好みのモワモワ感のある靄に設定しましょう。

コーヒーの湯気の作成手順2−6

手順3

コーヒーの湯気をもっとリアルに立ち昇るように演出します。

コーヒーの湯気を作成手順3−7

⑦指先ツールを使用し、ゆらゆらと立ち昇るようにさらに加工を加えましょう。 

Before・After

加工前のカフェ・コーヒーの写真

加工後のカフェ・コーヒーの写真

お好みで消しゴムツールやレイヤーの不透明度を変えて馴染ませましょう。

カフェに出てくる熱々のコーヒー写真の加工ができましたね。

ぜひ好きな食べ物で湯気演出してみてください。

熱々のピザ加工前 熱々のピザ加工後

ちなみに私はピザが好きなので、湯気を作成し、ピザを熱々に加工演出してみました。
皆さんもチャレンジしてみてください。

この記事に関連する講座

Photoshopo

詳しくはこちら


カテゴリー: Photoshop グラフィック デザイン 写真

Photoshopでトイカメラ風の写真を作ろう

Adobe photoshopを使ってトイカメラ風のアレンジを行います。
自分の撮影した写真に味わいを加えたいときにオススメです。

【使用した機能】
スマートオブジェクト(過去のブログ参照)
・レイヤーマスク
・カラーバランス

※今回使用する写真はこちら

cat

STEP1(事前準備) 猫の写真をスマートオブジェクトに変更する

[レイヤー上で右クリック→スマートオブジェクトに変換]を行います。
これにより、後々ぼかしをかけたりした際にやり直しが可能です。

1  

STEP2 コントラストを強める

明るさとコントラストの調整をして、くっきりとした色合いを作ります。

2

STEP3 カラーバランスを使い色合いを調整する

トイカメラの色合いを出すために、写真を黄色みがかった色に変更します。
[調整レイヤーー→カラーバランス]を使い、イエローよりに調整を行います。
※青っぽい、赤っぽい写真など、好みに合わせて変更してください。

3

STEP4 四隅を暗くする

トイカメラで撮影した写真の特徴のひとつである、四隅の暗がりを表現します。
新規レイヤーを作成し、ソフト円ブラシを使用して四隅を黒く塗ります。
あくまでやわらかい暗がりを演出するために、不透明度を下げて周りの写真となじませます。

4

STEP5 ぼかしを入れる

ピントが合っていない部分を作ることで、トイカメラの味わいを演出します。
[フィルター→ぼかし(ガウス)]を使用し、全体をぼかします。
その後マスクを使い、猫の部分だけぼかしがかからないように黒く塗ります
(※マスクとは、写真自体や効果を「見せたり隠したりする機能」です。黒く塗ると隠れ、白く塗ると効果が現れます)

5

6

 

完成!

kansei_cat
※[フィルター→ノイズ→ノイズを加える]で、写真にざらつきを加えても味が出ます。

いかがでしたか?自分で撮影した写真を加工すると、違った一面が見えてきます。
色合いなどを工夫しながら、様々な加工を楽しんでください。


カテゴリー: Photoshop Web 写真

Photoshopのブラシショートカット

Photoshop(フォトショップ)の使い方に慣れてくると、マウスを使ったツールの切り替え操作などがだんだん煩わしくなってきます。特にブラシの直径(サイズ)や硬さ(ぼかし)の変更はブラシオプションパネルを開いて編集しなければならないので、作業が立て込んでいる時はブラシの設定変更操作だけでも一苦労です。
そこで今回はPhotoshopのブラシツールの便利なショートカットをご紹介します。

ブラシの直径(サイズ)を変更する

【Mac/Win共通】
  ]  → ブラシサイズを段階的に大きくする
  [  → ブラシサイズを段階的に小さくする

ブラシの硬さ(ぼかし)を変更する

【Mac/Win共通】
  Shift + ]  → ブラシサイズを段階的に大きくする
  Shift + [  → ブラシサイズを段階的に小さくする

これらのショートカットでは、ブラシの直径の値や硬さの値はブラシオプションパネルのブラシピッカー上にしか表示されないので、正確な値を設定することができません。
ブラシの設定値を見ながらブラシの変更を行う場合は次のショートカットを使います。
CS6以降のPhotoshopならブラシの直径と硬さの数値がポップアップで画面上に表示されます。

ブラシの直径(サイズ)を変更する

【Winの場合】
  Alt を押し、マウスボタンを右クリックしながら左右にドラッグ → ブラシサイズを段階的に大きくする

【Macの場合】
  Ctrl + Option を押し、マウスボタンを右クリックしながら左右にドラッグ → ブラシサイズを段階的に大きくする

ブラシの硬さ(ぼかし)を変更する

【Winの場合】
  alt を押しながら、右クリックしながら上下にドラッグ → ブラシサイズを段階的に大きくする

【Macの場合】
  Ctrl + Option を押しながら、右クリックしながら上下にドラッグ → ブラシサイズを段階的に大きくする

 

ショートカットは慣れるまで大変ですが、一度覚えてしまえばPhotoshopでの作業時間を大幅に短縮することができますので、普段の操作から積極的に使ってみてください。

この記事に関連する講座

Photoshopを素早く効率よく使う!

詳しくはこちら


カテゴリー: Photoshop 写真

簡単ミニチュア風の写真の作り方!

今回はAdobe Photoshopを使って、ミニチュア風の写真加工テクニックを紹介します。
ミニチュア風の写真を撮るには、「チルトシフトレンズ」という専用のレンズを使って写真を撮る必要がありますが、チルトシフトレンズがなくても、下記の手順を追ってミニチュア風写真を作ってみましょう。
何気ない普段の風景写真を誰でも簡単に可愛らしい写真に加工することができます。

blog_シフトチルト01

 

まずはミニチュア風写真を作るためのポイントを3つあげます。

  1. ビルなどの高い所から見下ろしたアングルの街並みの写真を用意しましょう。
  2. 画像の端をぼかす。(手順1)
  3. 彩度とコントラストを高くする。(手順2)

手順1

見せたいものをはっきりさせて、残りの部分がぼけるようにするのがポイントです。
[ フィルター → ぼかしギャラリー → チルトシフト  ]を設定する。
下の画像のように1/3がクッキリするように調整して、画像の端をぼかすようにしましょう。

blog_シフトチルト02

手順2

画像全体の彩度を高く設定してカラフルな風合いに仕上げる。
お好みに合わせて彩度やコントラストを設定しましょう。
ポイントは少し極端に彩度を高くすることで作りものっぽい風合いを引き出すことです。

彩度パネル

彩度の設定は[ イメージ → 色調補正 → 色相彩度 ]で調整を行いましょう。

コントラスト

明るさ・コントラストの設定は[ イメージ → 色調補正 → 明るさ・コントラスト ]で調整を行いましょう。

Before・After

チルトシフト01

完成

ミニチュア画像の加工ができましたね。

完成2

お好みでピンホールカメラのような演出をするのもいいでしょう!

今回は「チルトシフト」機能を使ってのぼかし技術がポイントです。
ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

この記事に関連する講座

画像の合成加工をするならPhotoshop講座

詳しくはこちら


カテゴリー: Photoshop Web 写真

超簡単!お肌のレタッチ術

042

肌のレタッチ方法はさまざまな手法があります。
シワやシミ・そばかすなどを1つ1つ丁寧に処理する方法もありますが、
今回は一度に簡単にキレイにし仕上げる方法を解説します。
ぜひ参考にしてください。

●手順1

step1
まずはレタッチしたい素材の背景レイヤーを複製します。

●手順2

step2
このままでは全て滑らかになってしまうので、目・鼻・口など
滑らかにしない箇所にマスクをかけます。

「背景コピー」レイヤーにレイヤーマスクをかけ、チャンネルパネルに切り替え
「背景コピーマスク」チャンネルを確認しながら、滑らかにしたくない個所を
黒いブラシで塗りましょう。

ポイントは、目・鼻・口などの際をブラシで塗る際、ブラシの直径を小さく、
硬さを0%にして丁寧に輪郭を塗るとキレイで自然な仕上がりになります。

●手順3

step3
更に「背景コピー」レイヤーを複製します。

●手順4

step4
上の「背景コピー2」レイヤーを非表示にし、「背景コピー」レイヤーにぼかしをかけます。
「フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)」を選択し、シワなどが分からなくなる程度まで
半径を調整します。
今回は半径を3.0pixcelに設定してあります。

●手順5

step5
手順4で非表示にした「背景コピー2」レイヤーを再度表示します。
「背景コピー2」レイヤーにハイパスフィルターをかけます。
「フィルター→その他→ハイパス」を選択し、全体をシャープにします。
(分かりにくいかも知れませんが、顔に泥パックをしているようなイメージでしょうか?)
今回は手順4同様に半径を3.0pixcelに設定してあります。

●手順6

step6
「背景コピー2」レイヤーの描画モードを「リニアライト」にします。

●手順7

step7
このままでは逆にシワなどが目立ってしまいますので、「背景コピー2」レイヤーの
不透明度を落として肌がなめらかになるように調整します。
今回は20%まで落としました。

●手順8

step8
これで肌のレタッチは完成です。滑らかなツルツルお肌にレタッチできましたよね。

素材によりけりですが、今回は空やペットボトルの透明感を出すために
「レベル補正」でシャドウとハイライトを少し調整しました。

●手順9

step9
更に光源がペットボトルに当たって反射している雰囲気を出すために、
逆光で光を追加して完成です。

●Before・After

before

after
いかがでしょうか?
一度で簡単にキレイにレタッチできましたよね?

今回の「ハイパスフィルター」を使った肌のレタッチ方法は良く使われる方法です。
「いかにマスクを丁寧に作るか」がポイントになります。
ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。


カテゴリー: Photoshop Web デザイン 写真

webデザインおすすめフリー素材サイト5選

05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s

webサイト制作をするのは単に文字を入力するだけでも可能ですし、シンプルイズベストという方もいるかもしれません。
しかし、綺麗な画像や装飾を施してユーザーの目を引くようなデザインにすることは実は重要な要素となる場合があります。
例えば、商売をする方にとっては魅力あるデザインは商品やサービス内容を認知してもらえる可能性が高まりますので必要不可欠でしょう。
そこでwebデザインをするためにおすすめのフリー素材を提供しているサイトを5つ厳選してご紹介します。

webデザインには素材が必要!

webデザインをする場合はどのような画像素材を使用するのかが重要な部分ですが、ほかにもサイトのレイアウト決めや文字の段落決め、全体的な色合いなどを考慮する必要があります。それぞれの工程はデザインをする上で重要なもので、その出来栄え次第でユーザーの満足度や滞在時間が大きく左右されることになります。
そんなwebデザインをする上で、全てを手作業で自分で生み出すのは膨大な時間と労力を必要とします。そのため、出来る限りインターネット上で提供される素材を活用することで手間を省くことが可能になるのです。
特に画像についてはネット上に様々な素材を集めたサイトがありますので、そこからダウンロードをして利用するのが圧倒的に効率が良くなりますし、仕上がりも綺麗になることが多いです。

webデザインをする時におすすめのフリー素材サイト

webデザインをする場合に活用したいおすすめのフリー素材は以下の5つで見つかります。

■PAKUTASO(http://www.pakutaso.com/ )

高解像度で高品質な素材を無料で提供しています。人物画像を使用したい場合に非常に役立ち、きっとお探しの素材が見つかります。ユーザー登録をする必要もなく手早くダウンロードできます。

■街画ガイド(http://komekami.sakura.ne.jp/)

東京近郊や近畿地方の街の写真が多く掲載されています。東京都内の画像が多いですが、高層ビルや観光地、公園、リバーサイドなどとイメージカテゴリ別に探せるのが魅力です。

■GATAG(http://free-images.gatag.net/)

自然風景が多くあるほか、人物や動植物をお探しならコチラがおすすめです。幻想的な自然風景は見るものを惹きつけ、サイトのイメージアップに繋がります。

■写真素材 足成(http://www.ashinari.com/)

全国にいるアマチュアカメラマン撮影の写真から好みの素材を選べます。ジャンルは豊富ですが風景や景色が欲しい方に適しています。掲載枚数が圧倒的で、なんと75,000枚もあります。

■tadapic(http://www.tadapic.com/)

30もの無料画像、フリー素材サイトを集めていますので手軽に画像検索できます。検索窓に欲しい画像を入力するとたくさんの画像が検索結果に表示されます。画像探しの手間を一気に省くことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
このような画像を使用することでwebサイトのデザインがよりいっそう綺麗に見栄えが良くなる期待があります。
しかし、画像をそのまませずに加工をしてオリジナリティを演出したい、そもそものwebサイトのデザインを自分で作ってみたいという方もいるでしょう。そんな方にオススメなのがKENスクールです。レイアウト設計から色彩設定、画像の加工テクニックを担当キャリアカウンセラーの徹底したサポートを受けて学べますのでスキルアップはもちろん、就転職に有利になるかもしれませんね。


カテゴリー: Web デザイン 写真

デジカメで撮った写真の整理にとっても便利! Windowsフォトギャラリー

photo credit: Rob Boudon via photopin cc

デジカメで撮った写真のデータが、デジカメ本体やSDカードに大量に残ったまま…という方は多いのではないでしょうか。デジカメ本体やSDカードが無くなったり、壊れたりすることもありますので、デジカメで写真を撮ったら、速やかにパソコンに保存することをおススメします。

とはいえ、パソコンにデジカメの写真のデータを取り込んでも、うまく整理ができない、という方も多いのではないでしょうか。そこで、おススメするのが“Windowsフォトギャラリー”です。

Windows フォトギャラリーとは?

デジカメの写真データをパソコンに取り込み、写真の整理・編集・共有ができる、マイクロソフト社の無料ソフトウェアです。

パソコンの対応機種や、その機種による機能の違いは、マイクロソフト社や各パソコンメーカーのサイトなどから確認できます。なお、パソコンの機種によっては、別途ダウンロードとインストールが必要です。

ここでは、Windowsフォトギャラリーの様々な機能の中でも、写真の整理に便利なものを中心にご紹介します。

写真の整理に便利な機能

●写真にタグ付けができる。

「説明タグ」という機能を使って、写真にタグを付け、整理することができます。タグを付けることにより、後でタグ別に写真を検索することができます。下の画像のように、「ホーム」タブの「説明タグ」をクリックすれば、写真ごとにタグを記入することができます。

【12‐7】_説明タグ
「Windows Live(TM)フォトギャラリー 2011」画像やビデオファイルに「タグ」を付ける方法<Windows(R)7>

●写真の人物にタグ付けができる。

「説明タグ」とは別に、「人物タグ」というタグを使って、写真を整理することもできます。この機能によって、写真に写っている人物の顔から後で簡単に写真を検索することができます。下の画像のように、「編集」タブの「タグとキャプション」をクリックすると、写真に写っている人物が誰か、順に聞かれます。名前を記入すれば、写真の人物にタグを付けることができます。

【12‐7】_人物タグ1

【12-7】_人物タグ2

富士通Q&A – [Windows Live フォトギャラリー] 人物タグを設定する方法を教えてください。

●写真に評価ができる

星印を使って、写真を5段階で評価することができます。この機能によって、星の数から写真を検索することができるので、自分の中で重要度をランク付けしておけば後で写真を選択する際の検索などに便利です。下の画像のように、「ホーム」タブの「評価」をクリックして、星の数を選択します。

【12‐7】_評価
パソコンで写真を整理&修整!「Windows Live フォトギャラリー」でデジタルカメラの写真を管理しよう

その他の便利な機能

●写真の編集ができる

Windowsフォトギャラリーでは、写真を修正・加工することもできます。自動調整機能で、写真の明るさ・色合い・傾きなどを調整できたり、写真の特定部分の削除やトリミング、赤目修整等もできます。

さらに、複数の写真をつなげて、パノラマ写真をつくることができます。パノラマ写真にしたい写真を選択して、メニューの「作成タブ」から「パノラマ写真の作成」をクリックすれば、自動的に重なり具合や遠近などを調整して作成してくれます。また、複数の写真のいいところだけを集めて、合成写真をつくることもできます。

●写真をSNSでシェアできる

写真を、FacebookやTwitterなどのSNSにアップして、友達・知り合いとシェアすることができます。「ホーム」タブの「共有」グループでアップロード先を選択し、画面の表示に従えば、簡単にアップすることができます。

写真の整理だけじゃない!多彩な魅力

Windowsフォトギャラリーでは、タブ機能を使って煩雑なデジカメ写真の整理ができるだけではなく、簡単な編集からパノラマ写真作成、写真の合成など面白い編集機能も楽しめます。多彩な機能を持っていながら、無料で使えるこのソフト、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

photo credit: Rob Boudon via photopin cc


カテゴリー: Windows 写真