KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

グラフィック

Photoshopで湯気を作って、熱々のコーヒーを演出する

美味しい料理と言えば、熱々出来立ての料理ですね!

しかし、実際に写真を撮っている間にみるみる料理は冷めていき、アツアツ感を伝えるのはとても難しいです。

また環境によっては湯気が写真に収められなかったりします。

今回はそんなお悩みを解消する美味しい料理写真加工の定番である湯気の作り方をカフェで出されるコーヒーの写真を使って紹介しましょう。

手順1

①新規レイヤーを作成します。「湯気レイヤー」と分かりやすいようにレイヤー名をつけましょう。

②描画色を「黒」、背景色を「白」にします。

③湯気レイヤーを[ フィルター描画雲模様1  ]に設定しましょう。

コーヒー湯気の作成手順1ー1,2,3

④湯気レイヤーをレイヤーパネルの[ 描画モードスクリーン ]に設定しましょう。

コーヒー湯気の作成手順1ー4

手順2

次に、コーヒーの湯気をリアルに演出します。

⑤消しゴムツールを使って、湯気レイヤーの不要な部分を消していきます。

コーヒーの湯気の作成手順2ー5

⑥湯気レイヤーを[ フィルター変形波形  ]に設定しましょう。

波形の設定パネルのプレビューを見ながら、お好みのモワモワ感のある靄に設定しましょう。

コーヒーの湯気の作成手順2−6

手順3

コーヒーの湯気をもっとリアルに立ち昇るように演出します。

コーヒーの湯気を作成手順3−7

⑦指先ツールを使用し、ゆらゆらと立ち昇るようにさらに加工を加えましょう。 

Before・After

加工前のカフェ・コーヒーの写真

加工後のカフェ・コーヒーの写真

お好みで消しゴムツールやレイヤーの不透明度を変えて馴染ませましょう。

カフェに出てくる熱々のコーヒー写真の加工ができましたね。

ぜひ好きな食べ物で湯気演出してみてください。

熱々のピザ加工前 熱々のピザ加工後

ちなみに私はピザが好きなので、湯気を作成し、ピザを熱々に加工演出してみました。
皆さんもチャレンジしてみてください。

この記事に関連する講座

Photoshopo

詳しくはこちら


カテゴリー: Photoshop グラフィック デザイン 写真

Illustratorで文字を中央に整列させる

基本操作を一通り習得し、いざ制作をしていると意外と簡単なことで躓くことがあります。
何かのオブジェクトに綺麗に文字を整列する機会は非常に多いと思います。しかしIllsutratorで文字を中心よ合わせるには意外と手順が多く、知らずに困る方が多いようです。

整列のオプション「プレビューの境界線を使用」と効果の「オブジェクトのアウトライン」を組み合わせます。

図では長方形と文字を用意しました。

moji01

長方形と文字を同時に選択し、整列パネルで「水平方向中央に整列」と「垂直方向中央に整列」を実行します。

すると水平方向は中央に整列しますが、垂直方向は文字が上にずれて整列してしまいます。

moji02

文字だけ選択して観察すると、文字を囲っているバウンディングボックスが文字よりも下の部分だけ大きくなっています。

moji03_1

これは文字にはベースラインという文字の整列位置を決める基準線があります。図のようにアルファベットでは小文字がベースラインよりも下になる場合があるため(小文字の「g」や「y」など)、ベースラインよりも下が大きく空いています。※Illustratorではディセンダラインよりもさらに下にスペースがあります。

そのため、垂直方向に整列を行うと、長方形と文字のバウンディングボックスが整列することにより、上にずれて見えるということです。

moji03_2

ではどうすれば中央に整列するのか?
整列のオプション「プレビューの境界線を使用」と効果の「オブジェクトのアウトライン」を組み合わせます。

整列パネルの右上からフライアウトメニューを表示し、「プレビューの境界線を使用」をクリックします。※すでに「プレビューの境界線を使用」の左にチェックマークが入っている場合はこの操作は不要です。

moji04

次に、文字を選択し、効果メニューから「パス」の「オブジェクトのアウトライン」を適用します。

moji05

すると文字を囲んでいたバウンディングボックスが文字ぎりぎりのサイズに変化します。

moji06

この操作の後、長方形と文字を同時に選択し、整列パネルで「水平方向中央に整列」と「垂直方向中央に整列」を実行します。文字を上下左右に中央揃えできました。

moji07

IllustratorやPhotoshopを使いこなす上で難しいのは、基本操作を習得しても、それらを組み合わせる方法を知らないと意外と簡単なことが出来なかったりします。たくさん作品を制作して、たくさん躓くことで様々なテクニックを習得できます。

この記事に関連する講座

Illustratorを使いこなす!

詳しくはこちら


カテゴリー: Illustrator グラフィック デザイン

透明なボックスを作ろう

今回はAdobe Illustratorを使って、透明感のあるボックスを作ります。

STEP1.ボックスの元となる三角形とグラデーションを作る

ボックスというと一番初めに四角を描きたくなりますが、今回は三角形を元に
ボックスを作成します。

多角形ツールを選び、アートボード内をクリックして下さい。
辺の数と大きさを決めるオプションが出るので、

辺の数→3
大きさ→任意

上記2点の指定を行います。

その後、三角形に線形グラデーションを適用させます。
数値、色は任意で指定して下さい。

pic-20160607_01

STEP2.三角形を回転させ、四角を作る

作成したグラデーション付の三角形を、-60度回転させコピーします。
ツールバーの回転ツールを用いて、中心を三角形の回転の中心にあわせます。
あわせたら中心点を「ALT+クリック」で選択し、オプションを出します。

オプションが出てきたら回転を「-60度」に設定し、「コピー」ボタンをクリックします。
これで、-60度回転した三角形が一つコピーできました。

pic-20160607_02

後は回転した三角形を量産します。
先ほどの状態から、「Ctrl+D」のショートカットキーを押します。
「Ctrl+D」は「前に行った動作を繰り返す」という意味を持つショートカットキーです。
これを活用し、-60度回転をする三角形を増やします。

pic-20160607_03

STEP3.中に入れるアイコンを作成する

四角に入れたいアイコンを作成します。後々確度を変えていくため、
四角に合わせて中身を配置します。

pic-20160607_04

STEP4.自由変形ツールを使って図形を合わせる

先ほどのオレンジ色の四角を箱の側面に合わせます。
ツールバーの「自由変形ツール」を使い、辺を箱に合わせます。
(自由変形ツールでオレンジの四角の辺を選び、Ctrlキーを押しながらドラッグすると
自由に変形をかけられます)

pic-20160607_05

あとは残りの図形も合わせ、最後にオレンジの四角を削除します。
これで、中身のハートと星だけが残りました。
好みで中の図形に不透明度をかけると、よりクリアな質感になります。

pic-20160607_06

完成です。

pic-20160607_07

如何でしょうか。
作品のワンポイントに活用しやすい図形なので、ぜひ挑戦してみてください。

 

この記事に関連する講座

基本的なIllustrator作業の操作スキルが身につく!

詳しくはこちら


カテゴリー: Illustrator グラフィック

Illustrator(イラストレーター)初心者が抑えておきたい基本描画ツール5選

Illustrator初心者が自分のイメージをIllustrator上で作りあげるために、覚えておきたい描画ツールを5つ紹介します。

初心者の方はまず基本となるこれらの描画ツールを覚えることからはじめましょう。

これらの描画ツールはイラストを書いたりするときに必要となるものです。はじめは基礎から覚えておかなければ自分の想像を形にすることは、とても難しくなってしまいます。

描画ツールのそれぞれの機能を把握することで、より効率良く。よりクオリティが高いモノを作成することができるようになるので、ぜひ覚えておきましょう。

Illustrator(イラストレーター)の基本描画ツール

【アートボート】

Illustratorの基本描画ツールの1つは「アートボート」があります。
このアートボートとはIllustratorにおけるキャンパスであり、ページです。

新しく画像を作成したいときに「新規作成」を選ぶのですが、そのときにこのアートボートの設定からはじまります。
どのような大きさの画像にするのか、というキャンパスのサイズを設定することが出来る機能だと理解してください。印刷する紙のサイズに合わせることができるので、A4やA3など自由にサイズ変更することが可能です。

【オブジェクト】

次に基本となる描画ツールは「オブジェクト」です。
オブジェクトとはアートボード上に、線や図形。それから編集したい画像を配置するときに使うツールです。
このオブジェクトを使って描かれたモノがイラストの元になったり。「選択ツール」と組み合わせてオブジェクトで囲んだ範囲を切り取って移動させることもできます。

抑えておきたい基本描画ツール

そして、Illustratorでイラストを描いたりするときに基本として抑えておきたい描画ツールをご紹介します。

【パス】

1つ目は「パス」と呼ばれるツールです。
これはIllustrator上に配置される「オブジェクト」を構成しているものでもあります。ペンツールを使うときにパスと呼ばれる点と点を右クリックしたまま、ドラッグすることによって、好きに線を引くことができるのです。フリーハンドではないキレイな曲線を描いたり、直線を引くときなどに必要不可能なツールです。

【スウォッチ】

次に「スウォッチ」というツールがあります。
これは図形などのオブジェクトオブジェクトに対して、色を塗ったり。好きな模様を指定することができるツールです。
単純なカラーだけでなく、若草模様などの複雑な模様も好きなオブジェクトに指定することができます。

【アピアランス】

最後に「アピアランス」というツールがあります。
配置したオブジェクトにスウォッチを使って色や模様をしていしますが、これを更に複雑に指定することが出来ます。
たとえば、気になる部分だけ色を変えたり、柄を変えたりしたいときや、1本の線の色や太さを指定して変更すしたいときに使えるツールなのです。

まとめ

ご紹介した5つの描画ツールはIllustratorを使用する上で、基礎となるツールです。Illustratorの場合は線を引いたり、色を塗ったりする作業にも1つ1つのツールを使いこなす必要があります。

たくさんあるツールの中でも、特に重要度の高いツールを紹介したので、覚えておいて損はありません。

また紹介した5つのツールだけでも、イラストを描いたり、自分だけの作品を作ることができます。

まずはこれらのツールを使いこなすようになるだけでグッと作業のレベルが上がるので、ぜひ覚えて使えるようにしてください。


カテゴリー: Illustrator Web グラフィック デザイン

これからDTPを学びたい人必見!初級者向けのDTP良サイト5選

magnifying-glass-541625_640

パソコン上で雑誌や冊子のレイアウトを行うDTPデザイン。これまではアナログで行っていた業務ですが、現在ではパソコンで行うことが一般的になっており、その需要も高まっています。
しかし、どうやってDTPを学べか良いのかが分からない方は多いでしょう。雑誌やチラシ、フリーペーパーといった人の目に触れる媒体のレイアウトを仕事にすることはやりがいがある一方で、初心者には少々敷居が高いと感じる方もいるでしょう。
そこで、何の知識も無い方が一から学び、グラフィック作品をしっかりと作れるようになるために参考になるサイトを5つ厳選してご紹介致します。

まずはじめに

実際に学ぶ前に、DTPが何なのかをきちんと理解しておきましょう。これはデスクトップパブリッシングが正式名称で、英語表記はDesktop publishingとなり、これの略称としてDTPと呼ばれているものです。
具体的な内容は多種多様な雑誌やフリーペーパー、チラシといった誌面のデザインを行うものなので、ある程度のセンスは必要になります。
また、民間の資格ではありますが、取得しておくことは現在のIT化が進む社会の就職や転職において有利なものとなるに違いありません。
この資格は保有することでレイアウトやスキャニング、印刷工程におけるプロフェッショナルともなりますので、広告や出版、印刷などの各業界でデザイナーとして活躍の場が広がることが期待できるのです。

DTPをよく知るためのサイト5選

DTPデザイナーを目指すためには、まずは基礎の基礎から学び、徐々にノウハウを身に付けてスキルアップさせていくことが重要です。
そんなあなたのために参考になるサイトを5つピックアップ!

クリエイターズ広場

圧倒的な情報量であなたの基礎知識を高められること間違いなしです。まずはこちらから学んでみるのがおすすめです。
http://www.okidata.co.jp/creators/tips1/

非デザイナーのためのデザイン基本テクニックその1

センスがなくてもデザインができるように、便利ツールの紹介と頭に浮かんだイメージをどのように形にするのかの考え方を紹介しています。
http://07design.net/blog/?p=237

色カラー

魅力のあるデザインにするためには色のことを学んでおくのはとても重要。色に関する情報を知りたい、デザインの基礎について知りたい時に役立ちます。
http://iro-color.com/design/basic-rule.html

WEBデザイナーの基礎

サイト運営者のの経験を基にして初心者が陥りやすいミスと対処法を紹介しています。デザイナーとして成長するためのマインドも参考になりますね。
http://writing-mode.com/20130121/dtp/

WEBデザイナーが教えるデザインの注意書き

現役のWEBデザイナーがWEBと誌面の違い、それぞれの特徴と、デザイン時の注意点についてコッソリ教えてくれます。現役のプロの話は見逃し厳禁です。
http://webdesignrecipes.com/dtp-designed-by-web-designer/

まとめ

いかがでしょうか。
DTPを学ぶには参考になるサイトがたくさんありますので、上手に活用しながらスキルアップを目指しましょう。
とはいえ、独学で学ぶには限界があるので専門のスクールで学ぶことが大切かもしれませんね。まずは覗いてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: グラフィック デザイン 就職・転職