KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プレゼンテーション

プレゼンテーション

PrintScreenとSnippingToolで画面キャプチャ

ブログなどを作成する際に、よく画面キャプチャが必要になります。
また、実務でも手順書や報告書などビジネス文書作成のシーンでも、画面キャプチャは必要になることが多いものです。

一般的には「Print Screen」…でも使いにくい。

一般的に知られている「PrintScreen(画面全体)」や「Alt+PrintScreen(アクティブエリア)」などの方法ですと、右クリックメニューはキャプチャを撮る際に消えてしまいます…。

Windows標準機能「Snipping Tool」

そこで今回ご紹介するのは、「Snipping Tool」という便利なツールです!

2016OA_01

結構知らない方も多いのではないかと思います。
ちなみに、Snipping ToolのSnipとは、「(ハサミなどで)ちょん切る」という意味です。
起動方法はお使いのOSにより多少違いはありますが、
基本的にはスタートメニューから検索をかけて頂くか、よく使われるかもという方は、起動用のショートカットを作成することをお勧めします。

「Snipping Tool」の使い方

Snipping Toolでキャプチャを取るには、「新規作成」ボタンをクリックします。
すると、以下のように画面全体に霧がかかったような状態の「切り取りモード」になります。

2016OA_02

この状態で、切り取りを行いたい部分をドラッグ&ドロップで選択します。

2016OA_03

実際に切り取った画像がこちらです。

2016OA_04

右クリックメニューなどをキャプチャしたいとき

さて、問題の右クリックメニューなどをキャプチャしたいときの操作手順ですが、まずはSnipping Toolを起動して、「新規作成」ボタンを押します。ここまでは先程と同じです。

2016OA_05

ここで一旦「Esc(エスケープ)」ボタンを押します。
すると、キャンセルボタンが無効状態になったまま一旦霧が晴れたような状態になります。
ここで、対象を右クリックして「右クリックメニュー」を表示させます。
うっすらと右クリックメニューが表示されていますね
この状態で「Ctrl+PrintScreen」キーを押します。

2016OA_06

そうすると、切り取りモード状態になるので、切り取りたい箇所をドラッグ&ドロップで選択します。
右クリックメニューを表示させたまま、キャプチャを撮ることができました。

     2016OA_07

みなさんも、部分的に切り抜いた画面をキャプチャしたいときや、右クリックメニューをキャプチャしたいときは「Snipping Tool」を活用してみてください!

この記事に関連する講座

操作効率UPで生産性を高める!

詳しくはこちら


カテゴリー: Office Windows デザイン パソコン全般 ビジネス文書 プレゼンテーション

誰でもできる!魅力的なプレゼンにするためのコツ

photo credit: Don Tapscott via photopin cc

プレゼンでは、発表する内容自体は質の高いものであっても、早口で声が小さい、表情が硬い、姿勢が悪い、スクリーン映りが悪い、など内容と関係のない要因で、聞き手が関心を失い、聞き流してしまうことも多々あります。

しゃべり方・表情・姿勢・資料の見栄えなどは、簡単な心掛け次第で誰でも改善ができます。そこで、魅力的なプレゼンにするための、誰でもできるコツを4つご紹介します。

1. 内容・意味のまとまりで区切る

文章を書くときには、内容に応じて段落を分け、文章を読みやすく区切るために句読点を打つなど、読み手の理解を促すような区切りを設定します。しゃべるときも同様に、途中で間を取ったり、息継ぎをするなどして内容を区切り、聞き手に届きやすい工夫をしましょう。覚えてきた文章の棒読みでは、早口で息継ぎが少なくなり、聞き手に内容が伝わりにくくなります。

具体的には、スライドが切り替わるタイミングで2秒ぐらいの間を取り、次のスライドがスクリーンに映し出されたのを確認してからしゃべります。また、息継ぎのタイミング=句読点です。つまり、しゃべる内容を文章化して、意味の区切りや文末に「、」や「。」などの句読点を打ったら、そこが息継ぎのタイミングです。

2. 強弱と緩急をつける

プレゼンのポイントになる重要なキーワードや文章は、スライドでは強調するために太字や赤字で表現しますよね。話す時も同様、重要なキーワードや文章は大きめの声でゆっくりとしゃべり、強調します。しゃべり方にも強弱と緩急をつければ、重要なポイントがより聞き手に届きやすくなり、強い印象を残すことができます。

3. 聞き手の目を見て話す

プレゼンの間、視線がパソコンの画面や手元の資料だけに集中していませんか?ところどころで、聞き手の目を見ながらしゃべることを心掛けましょう。聞き手の方を見ようと意識すれば、自然と姿勢も聞き手に向くようになり、「自分に話しかけているのだな」という印象を与えることができます。しゃべりかけてきた人がこちらの目をみて、カラダもこちらに向けていると、その内容に集中しようと思いますよね。それと同じ効果が聞き手にも表れるのです。

4. スライドは、フォントも色も大げさに

パソコンで作った資料を印刷してみたら、画面でのイメージと違っていた…という経験はありませんか?同様に、プレゼンのスライドについても、配布用資料やスクリーンでは、パソコンの画面と印象が違うということも考えられます。

そこで、スライドを作成する際には、テキストのフォントを大きめに設定し、色も濃い目にします。そして、遅くとも本番前日にはスライドを印刷したり、スクリーン上に映したりして、事前に見栄えをチェックしておきましょう。

プレゼンがうまい人をお手本に!

魅力的なプレゼンにするためのコツを意識して、実際に声を出してプレゼンの練習をしましょう。また、機会があれば、他の人のプレゼンをチェックして、プレゼンのうまい人がいれば、その人をお手本に練習するとよいでしょう。良い手本を多く聞き、それをまねて実践すれば、聞き手を惹きつけるプレゼンへの近道になるでしょう。

photo credit: Don Tapscott via photopin cc


カテゴリー: PowerPoint プレゼンテーション

聴衆をあっと驚かせるためのプレゼンツール10選

【11-4】聴衆をあっと驚かせるためのプレゼンツール10選

プレゼンは“分かりやすさ”が命です。そこで、単にユニークなだけではない、視覚的、内容的にもプレゼンが分かりやすくなるツールをご紹介します。

無料のイラスト・ダウンロードサイト

1.Human Pictogram2.0

非常口の“あの人”が活躍するイラストを、無料でダウンロードできます。
1_Human_Pictogram2.0
http://pictogram2.com/

2.Illust AC

ゆるキャラ中心の画像が豊富です。会員登録制をすれば無料でダウンロードできます。
2_Illust_AC
http://www.ac-illust.com/

3.Digipot

様々なシーンの4コマ漫画がダウンロードできます。セリフの無いバージョンもあります。事例説明に使えば、イラストや図の作成を省けて便利です。

3_ビジネス資料制作素材提供サイト_Digipot
http://www.digipot.net/

無料のオリジナルQRコード作成サイト

プレゼンの中で別のサイトを紹介する場合は、そのサイトのQRコードを配布資料に入れてみましょう。聴衆がその場でアクセスできるので、より分かりやすいプレゼンになります。

4.QArt Coder

写真やイラストからQRコードを作成。URLを入力して、写真やイラストをアップロードすれば自動的に作成してくれます。
4_QArt_Coder
http://research.swtch.com/qr/draw

5.Unitag

画像に写真やイラストを挿入したり、色をつけたりできます。次の3ステップで加工したQRコードを取得できます。

  • サイトのURLを入力する。
  • スタイルや色の設定と、挿入イラストのアップロードをする。
  • 完成したQRコードをダウンロードする

5_Unitag

初心者でも使いやすい画像編集ソフト

6.Photoscape

写真の明るさ調節、150種類以上のフレームによる加工など、様々な画像編集機能を使って加工できます。下のイラストはPower Pointでつくった楕円形画像もとに、Photoscapeで作成しました。
6_Photoscape
http://photoscape.softonic.jp/

優れものプレゼン関連ツール

7.フィンガープレゼンター「kokuyoseki(黒曜石)」

(コクヨS&T(株)製)

Power Point他のスライドの送り・戻しができる、黒い指輪型リモコンです。ペン型レーザーポインターに装着すれば、PCとポインターの操作が片手でできるので、発表者がプレゼンに集中できます。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/fp/

8.タッチパネル「UPIC CoCo (ユーピック ココ)」

(プラス(株)ステーショナリーカンパニー製)

次のような機能で、より強く聴衆に訴えることができます。

  • スクリーンに大きなポインターを表示。
  • デジタルペンを使って、スクリーン上でマーキングしながらプレゼンできる。スクリーン上で、部分的に明るくできる機能や、ズームできる機能もあり。

http://www.plus.co.jp/news/111107.html

やっぱり内容!

9.日本プレゼンテーション協会HP「プレゼンテーション評価テスト」

プレゼン内容全体をセルフチェックできるサイトです。プレゼンテーションの準備、練習、実行の各段階で重要なポイントを集めたチェックシートを使って、自分のプレゼン内容を客観的に評価し、改善点を見つけましょう。
http://www.presentation.or.jp/test.html

注目の新プレゼンツール

10.Prezi

プレゼンツールPreziは、Power Pointのようなソフトウェアではなく、登録制Webサービスです。SNSなどのオンライン上でシェアをすることもできます。そして、Power Pointとは全く異なる感覚のプレゼンツールです。

まずは、Prezi自身がPreziの作り方をプレゼンテーションしているスライドをご覧ください。
10_Prezi-1(スクリーンショット)
http://prezi.com/iwdhs681jp5j/prezi-boost-japan/

ひと続きの画面上を、なめらかに行き来しながら、ズームイン・ズームアウト、と思ったら新しい要素が出現!と、見たことのない動きにびっくりされたのではないでしょうか。どうしたらこのようなプレゼン画面が作成できるのか、簡単にご説明します。

Preziのプレゼン作成画面は、一枚の大きなボードになっていて、そのうえに伝えたいことを描いていきます。例えば、これまでの内容をPreziの画面上に配置してみます。
10_Prezi-2
配置が終わったら、画面を映していく順路=パス(path)を設定したり、ズームイン・ズームアウトの設定等をして完成。要領をつかめば簡単に作成できます。

このようにPreziは、1枚1枚のスライドで表現するPower Pointとは全く異なる、画期的なプレゼンツールです。

“「Power Point」と「Prezi」の関係”を他に例えるならば、
“「ホチキス留の社内資料」と「会議室のホワイトボード」の関係”、あるいは
“「ホチキス留の講義レジュメ」と「教壇の黒板」の関係”といったところでしょうか。

また、自由自在にズームイン・アウトができるので、
“顕微鏡を使って米粒に書く、あるいは米粒を読む感覚”とも、
“大きな壁画を書く、あるいは鑑賞する感覚”とも、表現できます。

これらの特徴から、Preziはプレゼンの全体像を把握するのに非常に便利です。

以上、種類もさまざまな10個のツールをご紹介してきました。いろんな視点から便利なツールを取り入れ、より分かりやすいプレゼンに作り上げていきましょう。

 

photo credit: Victor1558 via photopin cc


カテゴリー: Office PowerPoint プレゼンテーション

プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ

【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画像
プレゼンテーションにおいて、相手を納得させるための数値の提示は欠かせません。グラフの質をアップさせ、より説得力のあるプレゼン作りに役立てましょう。ポイントを押さえてひと手間加えるだけで、パワーポイントのグラフをグッと見やすくできます。

グラフを見やすくするためには・・・

ワンランク上のグラフを作成するために、使えるコツを6つご紹介します。

1 「色彩を統一」は基本中の基本

全体の印象を壊さない色調の統一は、見栄えの良いスライド作りの基本です。エクセルファイルや他のスライドからコピーしたグラフを使う時は、スライドのデザインやテキストに合うよう色味を整えるのを忘れずに。センスに自信がない…というときは、スライドに適用されているテーマの配色をチェック。そこにある色を使えばOKです。

【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画面ショット1-1↓ ↓ ↓ ↓
【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画面ショット1-2

2 実は邪魔?要素を減らして見やすさアップ

パワーポイントでグラフを作ると、各種数値や目盛、グラフタイトルなど多くの要素が自動で表示されますが、これらの情報は必ずしも必要なわけではありません。プレゼン時のスライドの表示時間には限りがあるため、重要なポイントを直観的に把握できるグラフ作りが大切です。

例えば棒グラフであれば、数値の推移や大小は棒の長さを見ればわかります。細かな目盛や項目ごとの数値があることで、逆に見にくい場合もあるのです。必要不可欠な要素以外を思い切って削除してみると、すっきりと見やすいグラフになります。

3 簡単!差がつく色使い

美しさだけでなく、わかりやすさアップにも色の効果は利用できます。敢えて一色のグラフを作り、目立たせたい項目のみ色を変えるのは簡単かつ有効な手法です。
【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画面ショット3-1

また色自体に意味を持たせた配色にすると、より直観的に情報を得られるグラフになります。下図のように回答に直結する色を使う以外にも、会社や製品のイメージカラーを使う、選択肢のイメージに似合う色を使うといった方法があります。【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画面ショット3-2

4 図形機能でポイントを強調

注目してほしいポイントを強調すると、より視認性の高いグラフになります。たとえば折れ線グラフであれば、重要なポイントを丸で囲む、吹き出しを描いてコメントを追加する、分岐点となる数値に目立つ色で補助線を入れるなど、ちょっとした工夫で高い効果が得られます。パワーポイントの図形描画機能を使えば丸や吹き出しも簡単に挿入できます。
【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画面ショット4

5 数値の入れ方を一工夫

グラフ上に具合的な数値を添えると、よりわかりやすい資料になります。数値を添える際には、読みやすい文字の大きさになっているか、数値を入れすぎて見やすさを損なっていないか、などに注意しましょう。強調したい数値のフォントを他より大きくするなど、自然に相手の注意を引くこともできます。

なお、数値の追加にはテキストボックス機能の利用がおすすめです。自由な配置・サイズで文字を挿入できるので、ドーナツグラフの中央に数値をプラスするといったことも簡単です。
【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画面ショット5

6 凡例をグラフに重ねる

凡例をグラフと一体化させると、より素早く情報を把握できるグラフになります。円グラフなら各パイの中に文字を入れる、折れ線ならそれぞれの線の近くに線と同色で項目名を書き込むなどしてみましょう。この場合も文字を自由に配置できるテキストボックス機能を使うと便利です。
【11-3】プレゼン力UP!パワポのグラフを見やすくする6つのコツ_画面ショット6

コツを掴んだら実践あるのみ!

今回紹介したコツは、どれも簡単な操作で実行できます。高度な技術や知識を使わなくてもプレゼンテーションの質を向上できますので、ぜひ活用してみてください。まずは1つ、内容に応じて組み合わせて、と試していくうちに、より見やすいグラフが作り出せるはずです。


カテゴリー: Office PowerPoint プレゼンテーション


  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プレゼンテーション