KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Webデザイン・DTPデザイン > Photoshopでトイカメラ風の写真を作ろう

Photoshopでトイカメラ風の写真を作ろう

Adobe photoshopを使ってトイカメラ風のアレンジを行います。
自分の撮影した写真に味わいを加えたいときにオススメです。

【使用した機能】
スマートオブジェクト(過去のブログ参照)
・レイヤーマスク
・カラーバランス

※今回使用する写真はこちら

cat

STEP1(事前準備) 猫の写真をスマートオブジェクトに変更する

[レイヤー上で右クリック→スマートオブジェクトに変換]を行います。
これにより、後々ぼかしをかけたりした際にやり直しが可能です。

1  

STEP2 コントラストを強める

明るさとコントラストの調整をして、くっきりとした色合いを作ります。

2

STEP3 カラーバランスを使い色合いを調整する

トイカメラの色合いを出すために、写真を黄色みがかった色に変更します。
[調整レイヤーー→カラーバランス]を使い、イエローよりに調整を行います。
※青っぽい、赤っぽい写真など、好みに合わせて変更してください。

3

STEP4 四隅を暗くする

トイカメラで撮影した写真の特徴のひとつである、四隅の暗がりを表現します。
新規レイヤーを作成し、ソフト円ブラシを使用して四隅を黒く塗ります。
あくまでやわらかい暗がりを演出するために、不透明度を下げて周りの写真となじませます。

4

STEP5 ぼかしを入れる

ピントが合っていない部分を作ることで、トイカメラの味わいを演出します。
[フィルター→ぼかし(ガウス)]を使用し、全体をぼかします。
その後マスクを使い、猫の部分だけぼかしがかからないように黒く塗ります
(※マスクとは、写真自体や効果を「見せたり隠したりする機能」です。黒く塗ると隠れ、白く塗ると効果が現れます)

5

6

 

完成!

kansei_cat
※[フィルター→ノイズ→ノイズを加える]で、写真にざらつきを加えても味が出ます。

いかがでしたか?自分で撮影した写真を加工すると、違った一面が見えてきます。
色合いなどを工夫しながら、様々な加工を楽しんでください。

この記事に関連する講座

デザインの基礎から業界必須の商用デザインを学ぶ

詳しくはこちら


カテゴリー:Webデザイン・DTPデザイン

« »


  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Webデザイン・DTPデザイン > Photoshopでトイカメラ風の写真を作ろう