KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Photoshop > Photoshopで湯気を作って、熱々のコーヒーを演出する

Photoshopで湯気を作って、熱々のコーヒーを演出する

美味しい料理と言えば、熱々出来立ての料理ですね!

しかし、実際に写真を撮っている間にみるみる料理は冷めていき、アツアツ感を伝えるのはとても難しいです。

また環境によっては湯気が写真に収められなかったりします。

今回はそんなお悩みを解消する美味しい料理写真加工の定番である湯気の作り方をカフェで出されるコーヒーの写真を使って紹介しましょう。

手順1

①新規レイヤーを作成します。「湯気レイヤー」と分かりやすいようにレイヤー名をつけましょう。

②描画色を「黒」、背景色を「白」にします。

③湯気レイヤーを[ フィルター描画雲模様1  ]に設定しましょう。

コーヒー湯気の作成手順1ー1,2,3

④湯気レイヤーをレイヤーパネルの[ 描画モードスクリーン ]に設定しましょう。

コーヒー湯気の作成手順1ー4

手順2

次に、コーヒーの湯気をリアルに演出します。

⑤消しゴムツールを使って、湯気レイヤーの不要な部分を消していきます。

コーヒーの湯気の作成手順2ー5

⑥湯気レイヤーを[ フィルター変形波形  ]に設定しましょう。

波形の設定パネルのプレビューを見ながら、お好みのモワモワ感のある靄に設定しましょう。

コーヒーの湯気の作成手順2−6

手順3

コーヒーの湯気をもっとリアルに立ち昇るように演出します。

コーヒーの湯気を作成手順3−7

⑦指先ツールを使用し、ゆらゆらと立ち昇るようにさらに加工を加えましょう。 

Before・After

加工前のカフェ・コーヒーの写真

加工後のカフェ・コーヒーの写真

お好みで消しゴムツールやレイヤーの不透明度を変えて馴染ませましょう。

カフェに出てくる熱々のコーヒー写真の加工ができましたね。

ぜひ好きな食べ物で湯気演出してみてください。

熱々のピザ加工前 熱々のピザ加工後

ちなみに私はピザが好きなので、湯気を作成し、ピザを熱々に加工演出してみました。
皆さんもチャレンジしてみてください。

この記事に関連する講座

Photoshopo

詳しくはこちら


カテゴリー:Photoshop グラフィック デザイン 写真

« »


  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Photoshop > Photoshopで湯気を作って、熱々のコーヒーを演出する