一般事務になるには

【目指せる職種紹介】パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール!

目指せる職種紹介 一般事務

書類処理から資料作成まで幅広い業務をこなすオフィスのマルチプレーヤー

一般事務という職種は『庶務』とも言われ、書類・資料作成、データ入力伝票処理に留まらず、小口金管理、ファイリング、電話対応、来客対応等々、オフィスの様々な業務を一手に引き受ける仕事です。
企業の業種や部署によって仕事内容はさまざまですが、どのお仕事も、単純作業の繰り返しのように見えて、実はマルチな業務スキルが必要とされます。一般事務は会社運営において欠かせない『縁の下の力持ち』的な存在です。
一般事務を目指す場合、基本的にパソコンを使用することが多いため、Word・Excelのスキルは最低限必要です。近年では一般事務でもPowerPointなどのスキルも求められることが増えています。部署によっては、さらに簿記や秘書検定、英会話など、より高度なスキルを求められることもあります。

総務事務との違いは?

総務事務は社員が働きやすい環境を整えることが中心です。一般事務は業務上の事務作業をメインに行い、総務事務はプラスアルファで対従業員に向けた業務を行うことが多いです。

こんな方にお薦め!気になる、職種への適性

  • 丁寧で、親切に人と接することができる人
  • 集中力をしっかりと保ってコツコツと物事を進めていける人
  • 見えないところで人を支えることに喜びや達成感を感じられる人
  • コミュニケーションスキルのある人
  • 会社の窓口としてきちんとした対応ができる人

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

役立つ資格とスキル

  • Microsoft Office Specialist (Word/Excel/PowerPoint)
  • 秘書技能検定(準1級・1級)
  • 事務職経験
  • 接客業経験

一般事務の働き方

一般事務の仕事は社内の事務処理全般をこなす業務です。電話や来客の応対、業務上発生する書類の整理、文書作成、データ入力、郵便物の発送や管理、請求書、納品書、伝票などのチェックなど、細かい作業から大きな仕事までその業務の種類は多岐にわたります。
企業によっては、経理や庶務業務を兼任する場合もあります。企業の運営には欠かせない縁の下の力持ち的存在です。
今では多くの会社でパソコンを使用するため、 エクセルやワードなどのオフィスソフトの基本操作が出来ることが必要です。また、社内外の窓口となる機会も多いので、社会常識やビジネスマナーが必要です。

一般事務のキャリアパス

事務の入り口の全てが一般事務というわけではないですが、未経験でもまずチャレンジしやすいのが一般事務と言われています。プラスアルファのスキルを身につけることで、営業事務や・経理事務、果ては事務のオールラウンダーである総務事務にステップアップが可能です。その反面、プラスアルファのスキル、付加価値のあるスキルがなければ、昇給や昇進はしにくい職種と言えます。

年代別平均年収の目安

20代 282 万円
30代 313 万円
40代~ 355 万円

平均年収

この職種に必要なスキルが学べる講座

基礎からのMOS Word & Excel & PowerPoint Specialist

基礎からのMOS Word & Excel & PowerPoint Specialist
定番のWord・Excelの他、企画書の作成やプレゼンテーション資料作りに欠かせないPowerPointの学習をし、3科目の資格取得を目指すセットコースです。

講座詳細はこちら

基礎からのMOS Word & Excel Specialist

基礎からのMOS Word & Excel Specialist
あらゆるビジネスシーンに欠かせないWord・Excelを基礎から学び、Microsoft Office Specialist資格取得レベルのスキルを身に付けるコースです。

講座詳細はこちら