営業事務になるには

【目指せる職種紹介】パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール!

目指せる職種紹介 営業事務

営業マンをしっかりフォローするバイプレイヤー

営業事務の仕事は、その名の通り、『営業職のサポート業務』です。

主な仕事内容は、見積書や注文書をはじめとする様々な書類の作成、そしてそれらの管理などをします。もちろん商品知識なども必要で、身につけないといけない知識は幅広いです。営業職のサポートなので、もちろん営業担当との連携も欠かせないので、コミュニケーションスキルも重要です。そして、営業の方と一緒に外回りなどをすることもありますので、ヒューマンスキルなども非常に重要視されるお仕事です。

事務職がしたいけど、人と関わることが好きな方、単調な作業の繰り返しは苦手だという方におすすめです。

営業事務を目指す場合、Word・Excelはもちろんのこと、会議資料作成や、顧客向けプレゼンテーション資料作成などを行うこともありますので、PowerPointは必須といえます。

一般事務との違いは?

営業事務は営業担当のサポートが業務のメインです。しかしながら、企業によってはその明確な区別がなく、営業事務であっても一般事務の業務内容をこなせることが必要とされている場合もあります。

こんな方にお薦め!気になる、職種への適性

  • コミュニケーションスキルのある人
  • メンバーに常に明るく接し元気づけることができる人
  • 人を陰で支えることにやりがいを感じる人
  • 小さな仕事でも地道にコツコツと計画立てて物事を進めていくことができる人
  • 目標達成に向けてメンバーと一致団結するのが好きという人

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

役立つ資格とスキル

  • Microsoft Office Specialist (Word/Excel/PowerPoint)
  • 秘書技能検定(3級・2級)
  • 接客業経験
  • 営業職経験

営業事務の働き方

営業事務の仕事は主に営業担当者のサポートです。
業務としては多岐にわたり、一般事務レベルの業務に加え、社内外会議資料やプレゼンテーション資料の作成なども行います。時には営業に同行して顧客と打合せをすることもあります。
専門知識や業界知識などが必要になる仕事も多く、日々情報収集をする、前向きに学習する必要があります。もちろん、請求書や資料などの作成を行う為のパソコンスキルは欠かせません。営業事務は営業社員の活動や顧客のペースで物事が進む為、自分のペースで仕事が進むわけではなく、突発的な残業なども多いと言われています。その為、臨機応変な対応力が必要です。
また、営業担当者や顧客など、人と関わる機会が多い業務であるため、コミュニケーション能力が必要です。

営業事務のキャリアパス

一般事務を経験しなければ営業事務ができないというわけではありませんが、転職の際には有利になります。また、営業事務は、営業職のサポートがメインのため、事務経験よりも営業経験があってそのノウハウや流れを知っているというスキルが役に立つ業務内容です。また、英語力を身につけることにより貿易事務へのステップアップも可能です。

年代別平均年収の目安

20代 265 万円
30代 322 万円
40代~ 355 万円

平均年収

この職種に必要なスキルが学べる講座

基礎からのMOS Word & Excel & PowerPoint Specialist

基礎からのMOS Word & Excel & PowerPoint Specialist
定番のWord・Excelの他、企画書の作成やプレゼンテーション資料作りに欠かせないPowerPointの学習をし、3科目の資格取得を目指すセットコースです。

講座詳細はこちら

基礎からのMOS Excel & PowerPoint Specialist

基礎からのMOS Excel & PowerPoint Specialist
利用頻度の高いExcelと、定番となってきている企画書やプレゼンテーション資料作りに欠かせないPowerPointの学習をし、2科目の資格取得を目指すセットコースです。

講座詳細はこちら