DTPオペレーターになるには

【目指せる職種紹介】Webデザイナー・デザインスクール パソコン教室 KENスクールの紹介ページです。

目指せる職種紹介

DTPオペレーター

駆け出しデザイナーが通るオペレション作業。極めれば本物に。

DTPオペレーターはDTPで使用するソフトを操り、デザイナーやアートディレクターの指示に従って、デザインやレイアウトを仕上げる仕事です。指示通りの書体・色・レイアウトで納品するデータを作成します。指示通り確実に、かつスピーディーに作業することが重要となります。
ポスターやCDジャケットなどグラフィック要素が強いものに関しては、主に画像のサイズ変更、画質調整、色調補正、印刷に適したデータに修正、等の作業が多いです。一方、雑誌や書籍など文字要素の多いものは、文字を所定の場所に流し込み、体裁を整えるという作業も加わります。
経験を積んで各種データを自在に扱えるようになれば、デザイナーとして活躍する道もあります。そのほか出版社や印刷会社などに勤務し、DTPのプロフェッショナルとして専門性を極める道もあります。 最初は簡単な作業しか任せてもらえなくても、経験を積めば道が開ける仕事です。徐々にレイアウトやデザインの修正を手がけるようになり、その後デザイナーになる人も多いです。

こんな方にお薦め!気になる、職種への適性

  • 本や雑誌が好きな方
  • デザイン業界に興味がある方
  • デザイン・編集・ライティングが好きな方

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

役立つ資格とスキル

  • デザインに関する知識
  • 各種ツールを利用した実務経験(各種adobeソフト)
  • Office系ツールを利用した実務経験(Word/Excel)

それぞれの分野での広い知識と高い能力、
新しいものを吸収していける方が求められています。

年代別平均年収の目安

20代 271 万円
30代 317 万円
40代~ 360 万円

平均年収

この職種に必要なスキルが学べる講座

DTPエディトリアルデザインコース

DTPエディトリアルデザインコース
クリエイティブワークに必須のPhotoshop,Illustratorに加え、雑誌や書籍などの編集で使用されるInDesignを学習します。

講座詳細はこちら

DTPデザイナー就転職総合コース

DTPデザイナー就転職総合コース
基本アプリケーションの使い方から実践的なDTP・グラフィックデザインまで業界で必要とされる技術と知識が学べます。

講座詳細はこちら