レスポンシブWebデザインとは - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

Dictionary

用語集

  1. パソコン教室 KENスクール TOP >
  2. 用語集 >
  3. レスポンシブWebデザインとは

レスポンシブWebデザイン

Webデザイン

レスポンシブWebデザインとはWebクライアントの画面サイズによりレイアウトが自動で調整されるWebデザインである。従来のパソコンのみを対象とするWebデザインでは、スマートフォンでの表示に不都合が生じるもので、例えば文字や画像が全て表示されない、ボタンなどが小さくてご操作を招くなど、スマートフォンでの視認性や操作性が極端に低下してしまう場合がある。
この問題の解決策として、スマートフォン向けとパソコン向けの2種類のデザインのWebサイトを用意するという手も考えられるが、メンテナンスが煩雑になってしまう。
そのため、スマートフォンとパソコンで同一のHTMLファイルを使用し、アクセス時に画面サイズによってCSSを切り替え、レイアウトや字の大きさ等を変えて適正に表示させる仕組みがレスポンシブWebデザインである。

オンラインで個別に徹底指導。本当のマンツーマンをご提供します。KENスクールオンライン

用語集一覧へ戻る

関連用語

この用語に関連する講座

この用語に関連する職業