ISO29993への取り組み - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

  1. パソコン教室 KENスクール TOP >
  2. ISO29993への取り組み

KENスクールは2021年9月「ISO29993」の認証を取得しました

KENスクールは2015年8月に「ISO29990」の認証を取得しました。その後ISO29990規格の廃止に伴い後継規格である「ISO29993」の認証を2021年9月に取得しました。

刻々と変化する社会情勢のなか、求められる仕事の内容、能力も多様化している中で、KENスクールはお客様一人一人のニーズに対応したサービスを提供してきました。

KENスクールでは、ISO29993の認証取得により、長年培ってきたKENスクールの高度なIT教育ノウハウを、質の高い専門的な学習サービスとして提供できる仕組みとし活かしていけるよう、継続的に改善してまいります。
今後も、お客様のニーズに合ったサービスの提供を行い、学習サービスの品質向上と顧客満足度の向上を実現すべく、より一層努めてまいります。

ISO29993とは

ISO(国際標準化機構)が学習サービスを提供する事業者に対する基本的要求事項を定めた国際規格で、当該事業者が提供する学習サービスの品質を保証するものです。

日本では、義務教育に代表される学校教育や公的職業訓練には法律等が定められていますが、通信教育・学習塾・各種スクールや職業訓練機関といった非公式教育・訓練サービスにおいては、法律やガイドラインがありませんでした。非公式教育・訓練サービスの市場規模が拡大する中で、「学習サービスを評価するための国際的な基準を求める声が高まった中、「ISO 29990(非公式教育・訓練における学習サービス-サービス事業者向け基本的要求事項)」が2010年9月に発行されました。その後、後継規格である「ISO 29993(公式教育外の学習サービス-サービス要求事項)」が2017年8月に発行されました。

後継規格である「ISO 29993」は、従来のISO 29990と比較すると、学習リソースの概念が整理され、学習成果と学習サービス双方の「評価」の重要性を明確に記した内容となりました。

ISO29993取得により品質の向上を目指します

ISO(国際標準化機構)が教育の品質に関する国際規格として発行したISO29993の要求事項には、学習サービス事業者に対して、PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルと呼ばれるマネジメントシステムの確立と学習サービスの明確化を要求しています。

KENスクールではこの「Plan・計画」、「Do・実施」、「Check・検証」、「Action・改善」マネジメントシステムを構築し、運用していくなかで、継続的に学習サービスの品質を維持・向上させ、日々改善を行ってまいります。

ISO29993取得によるお客様のメリット

グローバル化やICT(情報通信技術)教育の導入など、学習環境が急速に変化する昨今、学習サービス事業者はお客様からの期待に応え続ける企業であることが求められています。

ISO29993には、「事前の情報提供」や「学習サービス事業者のマネジメントに関する基本的要求事項」が規定されているため、お客様は、自己のニーズに適合した学習サービス事業者を選択することが可能になり、安心して学習することができるというメリットがあります。
加えて、お客様からのフィードバックを得ることで、継続的に学習サービスの改善を図っていますので、常に質の高いサービスを受けられます。

以上からISO29993は、学習サービス事業者を選択する際のひとつの判断基準となり得るものとKENスクールでは考えています。

また、有能な人材を求める企業にとっては、ISO29993の認証を受けた学習サービス事業者で学習した者かそうでないかを、人材獲得の際の目安とすることもできると思われます。

学習サービスに関する客観的証明を獲得

ISO29993規格の要求事項について、第三者認証機関による審査を受け、以下の項目について認証を取得いたしました。

  • 学習ニーズの特定
  • 学習サービスの設計
  • 学習サービスの提供
  • 学習サービスの提供のモニタリング
  • 学習サービス事業者によって実施される評価
  • 一般的管理要求
  • 人的資源の管理
  • 戦略・事業管理
  • コミュニケーション管理
  • マネジメントレビュー
  • 資源の配分
  • 予防・是正処置
  • 内部監査
  • 財務管理・リスクマネジメント
  • 利害関係者からのフィードバック

株式会社シンクスバンク KENスクール 学習サービス品質方針

学習サービスの品質に関する当社の目的

お客様の期待に答え、信頼を得られるように、提供する学習サービスの品質を重要視して行動します。

目標

1. 顧客満足度*85%を目指します。
2. 資格対策コースにおいて、資格合格率95%(卒業まで)を目指します。

以上、2つの学習サービス目標を掲げます。
*研修内容、講師やスタッフの対応など

学習サービスの品質方針

学習サービスマネジメントシステム(ISO29993:2017)を適切に運用し、お客さまのニーズとその変化、対象とする業界の傾向とその変化、法令・ISO29993:2017の定める要求事項を常に意識し、学習サービス提供方法、講義内容、教材、カリキュラムの継続的な改善を行います。
また、学習サービスマネジメントシステムの有効性を保つために、継続的な改善を行います。

行動指針

1. 学習サービスに品質目標を設定し、その目標達成に努めます。
2. 全従業員および講師に対して、品質方針の周知徹底を行います。
3. 学習サービスの品質方針は、学習ニーズや経営環境の変化を踏まえ、適切に見直しを行います。

2021年9月
株式会社シンクスバンク
代表取締役 宇佐美順也