Webコーダーとは - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

Dictionary

用語集

Webコーダー

Webデザイン

Webコーダーとは、Webサイトの制作において、HTMLやCSSを使ってWebページを作成していく人を表す言葉である。
Webコーダーの主な仕事は、ホームページ全体を作り上げることだ。Webデザイナーが作成したデザインを、Webブラウザでうまく表示できるようにしていく。かつて、この仕事はWebデザイナーが兼務していたが、Webサイトの規模が大きくなり、作業が複雑になってきたので、デザインとの分業によりWebコーダーという職種が誕生した。
Webコーダーに必要な知識は、コーディングに必要なHTMLとCSSは必須である。また、ユーザビリティやアクセシビリティ、SEOを意識した作業も求められる。そのほか、CMSのカスタマイズを行うことがある。

オンラインで個別に徹底指導。本当のマンツーマンをご提供します。KENスクールオンライン

用語集一覧へ戻る

関連用語

この用語に関連する講座

この用語に関連する職業