KENスクールブログ-パソコンスクール パソコン教室 KENスクール

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ

Oracle Bronzeの紹介【初級者向け】

データベースの起動の方法について

Oracleデータベースは非常に豊富な機能を持ったデータベースソフトです。

その機能についての知識を問われる資格試験があります。
一番ランクが低いOracle Master Bronzeですが、SQLとDBAの2つの試験に合格してはじめてBronzeの認定がもらえます。
SQLはデータベースからデータを取得する言語の文法についての分野で、DBAはデータベースの管理者として必要なデータベースの内部の構造や操作方法についての分野です。

今回はDBAの範囲の中から、データベースの起動の方法についてご紹介します。 

Oracleデータベースは起動して利用できる状態と停止している状態の他に2つの状態があります。
簡単に表現するなら、中途半端に起動している状態です。
では、その状態とその状態がなぜ必要なのかを見て行きましょう。

状態の名称 Oracleの状態
SHUTDOWN 停止の状態
NOMOUNT データベースが認識されていない状態
MOUNT データベースが認識されているが利用していない状態
OPEN 通常運用の状態

OPENの状態は全ての機能が使える通常運用の状態で、データのファイルの読み書きが行われています。
このデータファイルに対するデータの復旧操作などは、この運用状態で行うべきではありません。
よって、データファイルを認識している状態ではあるけれどもまだ利用していない(利用できない)状態が必要です。それがMOUNTの状態です。

さらに、MOUNTの状態ではデータベースを認識しているが利用はできない状態ですが、そのデータベース自体について何か操作をしたい場合は、認識して関連付けされてしまっている状態ではできません。
そこで、データベースとの関連付けが行われる前に、データベースに対する基本的な機能だけが利用可能な状態が必要なのです。それがNOMOUNTの状態です。 

通常の起動をした場合は、SHUTDOWNの状態から、内部的にNOMOUNT、MOUNT、OPENと段階を踏んで起動します。
管理者は特別に、例えば「MOUNTの状態まで起動し、復旧作業を行う」という事が可能という事です。もちろん作業後、OPENの状態に続けて遷移可能です。

データベースの停止の方法について 

Oracleデータベースは非常に豊富な機能を持ったデータベースソフトです。

その機能についての知識を問われる資格試験があります。一番ランクが低いOracle Master Bronzeですが、SQLとDBAの2つの試験に合格してはじめてBronzeの認定がもらえます。
SQLはデータベースからデータを取得する言語の文法についての分野で、DBAはデータベースの管理者として必要なデータベースの内部の構造や操作方法についての分野です。 

今回はDBAの範囲の中から、データベースの停止の方法についてご紹介します。

Oracleデータベースは緊急時やメンテナンス時に停止させる必要があります。
データベースはワードやエクセルなどのソフトの様に自分だけが利用しているものではなく、複数人が同時に編集可能です。
よって、その現在の利用者をどうするかによって停止の方法が異なり、4種類あります。では、その違いを見て行きましょう。

NORMAL

一番安全な停止方法です。接続者(データベース利用者)が全員切断するのを待ちます。新規の接続は受け付けませんが、全員が切断するのを待たなければなりません。

TRANSACTIONAL

一連の更新作業中の人は終わるまで待ちますが、そうではない人(更新が一段落ついた人や確認作業をしている人)は切断してしまいます。
データベースとしては、更新作業中のデータが更新されるのを待ってから停止します。 

IMMEDIATE

一連の更新作業中の人も切断してしまいます。途中まで作業中の更新内容はキャンセルされます。
データベースとしては更新作業中のデータは失われますが、強制的にキャンセルする事により、データベース内の状態としては矛盾のない整合性の取れた状態で停止します。

ABORT

こちらも一連の更新作業中の人も切断しますが、途中までの作業内容のキャンセルはされません。更新もされません。中途半端な状態ですが、そのまま停止します。
では更新内容はどうなってしまうのかというと、次回起動時に、履歴情報から自動復旧されます。しかし、更新途中の場合は確定がなされていない事から、更新作業中だった内容は破棄されます。


このように、データベースの管理者として必要な知識を身につけている事を証明する資格がOracle Bronze DBAです。
上位資格にSilver、Gold、Platinumがあります。


カテゴリー: Windows ネットワーク 資格

仮想化とは

サーバの仮想化という言葉を聞いたことはないでしょうか?現在仮想化の技術が企業が導入することが多くなってきています。仮想化とはいったいどんな技術なのか。仮想化をすることによるメリットについてご紹介していきます。

仮想化とは

仮想化とは、物理的な構成にとらわれることなく、サーバやネットワーク、ストレージなどさまざまなハードウェアリソースを効率よく利用するための技術の総称です。

仮想化技術を利用することで、物理的なサーバやネットワーク、ストレージといった物理リソースを、論理的なリソースとして構成することができるようになります。

仮想化技術にはさまざまなものがありますが、近年ではサーバを仮想化する「サーバ仮想化技術」を利用して、インターネット上のサービスを提供するサーバの保守性や可用性を高めるといったことが行われています。

pic-20160621_01

サーバ仮想化のメリット

仮想化技術を利用して、既存のサーバを仮想マシンに置き換えることにより、以下のようなメリットが得られると考えられます。

1. 物理サーバを集約し、台数の削減が可能

通常サーバは、動作の安定性確保やセキュリティ上の観点から、1つのOSに対して1つのアプリケーションという構成をとります。

しかし、1台1アプリケーションの組合せで構成していくと、次第に物理サーバの台数も増えていき、その管理コストや電力コストといったランニングコストも増加していくことになります。

この問題を解決する手段としてサーバ仮想化技術を利用すると、1台の物理サーバ上に複数台の仮想マシンを構成し、サーバを集約して台数を削減することが可能になります。

また、台数を削減することにより、ランニングコストも低減できるようになります。

分散した物理サーバをどのように集約し、どのように複数の仮想マシンを実装していくかが重要となります。

pic-20160621_02

2. システムのライフサイクルギャップを吸収

ITシステムはハードウェアとソフトウェアから構成されますが、そのライフサイクルが一致しないことにより、問題になる場合があります。

例えば、ハードウェアの保証期間が満了した後に故障が発生したような場合、修理ができずに新しいものにリプレースを余儀なくされることもあります。 このようなときに、新しいハードウェアを利用するためのドライバソフトが提供されていないため、新しいハードウェアではこれまで利用してきたOSやアプリケーションが利用できないといったこともあります。

このようなライフサイクルのギャップを、仮想化技術によってハードウェアとソフトウェアを切り離すことにより吸収することが可能です。仮想化技術を利用すれば、どのようなハードウェア環境下でも、古いOSやアプリケーションを利用することが可能となるのです。

pic-20160621_03

3. ハードウェアリソースの効率的な利用

サーバのサイジングを行う際は、通常ピーク時の負荷に合わせて処理性能を決定します。 この場合、ピーク時以外はサーバのハードウェアリソースを十分に使い切れないことが考えられます。

最近のハードウェア性能は、CPUをはじめとして著しく性能の向上が図られているため、単体のシステムでハードウェアリソースを使い切ることは、ほとんどないとされています。

仮想化により、ピーク時がずれているシステムやCPU使用率の傾向が異なるシステムのサーバを集約することにより、ハードウェアリソースを無駄なく効率よく利用するよう構成することが可能となります。

pic-20160621_04

4. 事業継続/災害対策

地震などの大災害により業務の継続が困難になった際に備え、メインサイトの仮想サーバシステムとデータ部分を、バックアップサイトの仮想化環境にコピーしておくことにより、同じシステム環境を速やかに立ち上げることが可能となります。

これにより、短期間で業務の再開ができ、事業継続性も向上します。

pic-20160621_05

サーバ仮想化技術の方式

サーバ仮想化技術の方式には、「ホストOS型」と「ハイパーバイザ型」の2種類があります。

1. ホストOS型

仮想化ソフトを、ホストOSのミドルウェアとして動作させることにより、仮想ハードウェアを構成し、仮想ハードウェア上にOS(ゲストOS)、アプリケーションを動作させます。

物理的なハードウェア入出力処理には、ホストOSの機能を利用するため、ホストOS側のオーバーヘッドが大きくなります。

なお、仮想ハードウェアは、仮想サーバが利用可能なCPUプロセスやメモリ、ストレージサイズなどを考慮して定義します。

2. ハイパーバイザ型

ホストOSを持たず、仮想化ソフトが物理的なハードウェア入出力処理を直接実行します。 そのため、ハイパーバイザ型はオーバーヘッドが小さく、ハードウェアリソースの管理も柔軟に行うことができるようになっています。

またホストOS型同様、仮想ハードウェアを構成し、仮想ハードウェア上でOSやアプリケーションを動作させます。

サーバの仮想化を行う場合は、ハイパーバイザ型の方式を採用するのが一般的です。

pic-20160621_06

いかがでしたでしょうか。ぜひ仮想化の技術を導入してみてくださいね。

 


カテゴリー: Windows ネットワーク


  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ