KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > Webプログラミングの基礎[PHP 変数編]

プログラム

Webプログラミングの基礎[PHP 変数編]

未経験から就転職を目指すJavaプログラミング特集

8種類の基本型

プログラムは必ずデータを保存するための入れ物=変数が必要となります。
変数には保存するデータの種類によって様々な”型”というものが存在します。
ここではPHPにおける8種類の基本形について見ていきます。

※PHPタグ

  • PHP はファイルを解析して開始タグと終了タグ (<?php と ?>) を探します。 タグが見つかると、PHP は開始タグ~終了タグの範囲内でコードを実行します。
  • 上記により、PHP を他のあらゆる形式のドキュメント中に埋め込むことができます。
  • 開始タグと終了タグで囲まれている 箇所以外のすべての部分は、PHP パーサ(構文解析エンジン)に無視されます。

4種類のスカラー(単純)型

1-1.論理値(boolean)

TRUE  // 真
FALSE // 偽

 

1-2.整数(integer)

<?php

$a = 1234;    // 10進整数
$a = -123;    // 負の数
$a = 0123;    // 8進数 (10進数の83と等価)
$a = 0x1A;    // 16進数 (10進数の26と等価)
$a = 0b11111111; // 2進数 (10進数の255と等価)

?>

 

1-3.浮動小数点(float, double)

<?php

$a = 1.234;
$b = 1.2e3;                       // 1.2×10の3乗
$c = 7E-10;           // 7×1/10の10乗

?>

 

1-4.文字列(string)

$name = “Yamamoto” // 文字列

 

複合型

2-1.配列(Array)

配列の各データには「インデックス」という番号が付きます。
特定のデータが必要な場合はそのインデックスで呼び出します。

$week = array(“日曜”,”月曜”,”火曜”,”水曜”,”木曜”,”金曜”,”土曜”);

echo $week[3];                  // “水曜日”が表示される

 

2-2.想配配列

特定の数のカンマで区切られた “キー=>値”の組を引数とします。

$data = array(“id”=>”ALC001”, “name”=>”プレミアビール”, “price”=>200);
echo $data[“name”];          // “プレミアビール”が表示される

 

3種類の特別な型

3-1.リソース(resource)

リソースは、特別な関数により作成され、使用されます。

 

3-2.ヌル(NULL)

ある変数が値を持たないことを表します。

 

3-3.Callable

関数の引数に渡すことができるcallback型を表します。

 

この記事に関連する講座

Webアプリの開発手法を知る

詳しくはこちら