KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > Javaにおける変数のデータ型

プログラム

Javaにおける変数のデータ型

未経験から就転職を目指すJavaプログラミング特集

目次

  • 変数とは
  • 基本データ型
  • 参照型

変数とは

コンピュータ上でデータを扱うには、メモリ上にデータを置かなくてはいけません。

たとえば10という数値を扱いたい場合、数値そのものをメモリ上に置いてもよいのですが、膨大なデータを扱う中で毎回10という数値を記述すると、もし変更を加えることになったときに大変な作業になってしまいます。

そこで、数値をメモリ上に直接置くのではなく、名前をつけた領域を確保してそれ以降はデータを名前で扱うことが出来る機能を利用します。

この名前が付けられた領域を変数と言います。

変数を利用することで、もしデータを変更することになっても、変数の中身を書き換えるだけで毎回値を書き直す必要が無くなります。

この変数ですが、利用するには変数宣言が必要になってきます。扱いたいデータの種類によって、「型」というものを指定します。

基本データ型

基本データ型は、変数に値を直接入れる型です。

java%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e5%a4%89%e6%95%b0%e3%81%ae%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e5%9e%8b1

Javaでは、データの種類やサイズによって8つの「基本データ型」が用意されています。一般的に、整数であればint型、小数であればdouble型を使用します。

基本データ型

意味

サイズ

範囲

byte

符号付整数

8bit

-128~127

short

符号付整数

16bit

-32,768~32,767

int

符号付整数

32bit

-2,147,483,648~2,147,483,647

long

符号付整数

64bit

-9,223,372,036,854,775,808

~9,223,372,036,854,775,807

float

浮動小数

32bit

±1.40239846×(10の-45乗)

~±3.40282347×(10の38乗)

double

浮動小数

64bit

±4.940655645841246544×(10の-324乗)

~±1.79769313486231570×(10の308乗)

char

文字

16bit

一文字(Unicode)

boolean

true/false

参照型

Javaでは、基本データ型のほかに、「参照型」という型もあります。前述した基本データ型以外の型は、すべて参照型となります。

参照型は基本データ型のように指定がないので、色々な機能を持つことができ、自分で定義することも出来ます。

そのため、変数の中には値を直接入れるのではなく、その型に応じたオブジェクトを新しくメモリ上に作成し、そのオブジェクトのアドレスを格納(代入)します。

java%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e5%a4%89%e6%95%b0%e3%81%ae%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e5%9e%8b2

この記事に関連する講座

プログラミング言語のスタンダードを身につけよう!!

詳しくはこちら