XHTMLとは - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

Dictionary

用語集

XHTML

Webデザイン

XHTMLは、Extensible HyperText Markup Languageの略で、SGMLの派生で生まれたウェブページを記述するのに用いられるHTMLを同じくSGMLをもとに作られたXML(Extensible Markup Language)に適合するように定義しなおしたマークアップ言語(文章の構造、見栄えなどについて指定を行う言語)のこと。
XHTMLとHTMLとの違いはXML宣言をすることや、タグは似ているがすべて小文字で統一されていたり、終了タグなどが省略できず定義をしっかりしないといけないことや、HTMLの<br>のタグなど終了タグのないものには<br />と入れることや、XMLを採用しているのでXML文書の埋め込みができるなどの違いがある。

オンラインで個別に徹底指導。本当のマンツーマンをご提供します。KENスクールオンライン

用語集一覧へ戻る

関連用語

この用語に関連する講座

この用語に関連する職業