KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Office > PowerPointでムービー作成

Office

PowerPointでムービー作成

KENスクールONLINE(Office講座)

PowerPointといえば、主に企業や学校などのプレゼンテーションのスライドを作成するときに活躍するソフトですよね。

「お仕事や学校の授業で使うもの」というイメージが強いPowerPointですが、ビジネスシーン以外の活用方法もたくさんあるのです。

今回はPowerPointを使ってムービーを作成する方法をご紹介します。

簡単にいうと

「PowerPointで作ったスライドをmp4などのビデオ形式で保存する。」

ということです。
では、操作手順を確認してみましょう。

スライドを作成して保存

BGMや効果音の挿入、アニメーションや画面切り替え効果も設定しておきましょう。

[ファイル]タブをクリックし、[エクスポート]をクリックします。
エクスポート設定画面上で、[ビデオの作成]をクリックします。

ビデオの詳細設定

次に、[ビデオの作成]の右部にあるファイルサイズなどの詳細設定をします。

①は用途に合わせて適当なファイルサイズを選択してください。

②は特にタイミングやナレーションを記録していなければ、[記録されたタイミングとナレーションを使用しない]にして問題ありません。

[ビデオの作成]をクリックすると[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

保存場所とファイル名を設定しましょう。

ファイルの形式は.mp4もしくは.wmvを選びましょう。

保存ボタンをクリックするとステータスバーに以下の図のような表示が出ます。

「作成中」と表示が出ている間は、ウィンドウを閉じたりせずに作業が完了するまで待ちます。

スライドに使用しているコンテンツによっては、作成に時間がかかる場合もあります。

[ビデオ***.mp4を作成中]の表示が消えたら完成です。

作成したスライドをビデオ形式で保存する機能はoffice2010以降のバージョンで使用可能になりました。

この機能を使えば、結婚式のサプライズムービーや、思い出のフォトムービーなどが簡単に作成できますね。

是非、素敵なムービーを作成してみてくださいね。

この記事に関連する講座

PowerPointを正しく使いこなす

詳しくはこちら