KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > [Java開発]eclipse.iniファイルのメモリ設定

プログラム

[Java開発]eclipse.iniファイルのメモリ設定

未経験から就転職を目指すJavaプログラミング特集

Eclipseで使用するメモリ設定に関する記事です。

環境(以下の環境で動作確認をしています)

  • Windows 7
  • Pleiades Eclipse 4.3 Kepler

目次

  1. Eclipseとは
  2. eclipse.iniとは
  3. メモリ設定の手順 

Eclipseとは

Eclipseは統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)で、開発を支援する様々な機能がまとまっています。Java言語の開発で良く利用される開発ソフトです。また、その他の言語にも対応しています。

eclipse.iniとは

eclipse.iniとはEclipseが起動する際に読み込まれる設定ファイルです。様々な設定が可能ですが、今回はメモリのサイズ設定に関して紹介します。

EclipseはJavaVMというJavaプログラムを実行するソフト内で起動します。eclipse.iniファイルの中でJavaVMが使用するメモリサイズを増量し適切なサイズにすることでEclipse自体の動作を快適にすることができます。

メモリ設定の手順

eclipse.iniファイルのデフォルト設定だと、開発する規模にもよりますが、Eclipseの動作が重くなったり、固まってしまうことなどがあります。ここでは、メモリを増量する手順を紹介します。

①eclipse.iniファイルをエディターで開く

eclipse.iniファイルは、DownloadしたEclipseのフォルダの中の\eclipse\eclipse.iniの場所にあります。eclipse.iniファイルはエディターソフトで編集可能です。

②–Xmsと-Xmxパラメータを編集

-Xmsは起動時のヒープサイズで-Xmxは最大ヒープサイズを表します。この2つのパラメータの値を大きくすることで、Eclipseの動作が安定します。ただ、大きくしすぎると起動すらしなくなることもあるので使っているPCのメモリサイズにあわせて調整してください。また、iniファイルを編集する際は、必ずバックアップを取ってから編集してください。

【eclipse.ini】

-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
–launcher.defaultAction
openFile
–launcher.XXMaxPermSize
512M
–launcher.defaultAction
openFile
–launcher.appendVmargs
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.6
-Xms256m
-Xmx1g
-Xverify:none
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

Eclipseの設定方法を理解しよう

実践主義!開発工程を一から体感

詳しくはこちら