KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > [VBA]日付から文字列への変換、文字列から日付への変換

プログラム

[VBA]日付から文字列への変換、文字列から日付への変換

VBAで日付から文字列への変換と文字列から日付への変換を紹介します。

日付(Date型)のデータを、書式指定をして表示したい場合、Format関数を使用します。

 

文字列(String型)のデータを、日付として扱いたい場合、CDate関数を使用します。

 

ただし、CDate関数で変換を行なうためには、文字列データが日付と認識できなければなりません。

 

このままでは実行時エラーとなってしまうので、IsDate関数を使用して日付として扱えるかどうかを確認してからCDate関数を使用すると実行時エラーを回避できます。

 

上で挙げた例のように、実務では「20161201」のようにYYYYMMDD形式で日付を管理することも多いです。しかし、VBAでは日付型のデータとして扱うことができません。日付型のデータとして扱う場合、文字列を加工する必要があります。
今回は2つ方法をご紹介します。

 

VBAの使い方を学ぶなら

業務効率大幅UP!!初心者でも安心の講座です!

詳しくはこちら