KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > IT系資格でメジャーな資格まとめ

プログラム

IT系資格でメジャーな資格まとめ

プログラミング講座受講キャンペーン

KENスクールの動画配信サービス「KEN×ONLINE」

 

e99ab327553947b1b44ca71dcec95074_s

急成長という言葉が相応しいIT業界。
近年では優れたアイデアを具体的な形にしてユーザーの利便性の向上を図ることが求められています。世の中にこの業界が広まり始めた当初は、アイデアで勝負できましたが、現在ではそれを形にする技術力がなければチャンスを掴むことも活躍することも難しくなっています。

しかし、技術力を高めるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
その答えは難しいものではありません。より深い知識を得ることと、資格を取得することが第一歩です。
そこでIT分野で活躍するためのメジャーな資格をまとめました。

資格の必要性

IT業界では資格を持つことを重要視している企業が増えていますが、その理由の一つにグローバル化があります。海外に進出する企業もどんどん増えていますし、逆に海外から日本国内へとやってくる外国企業もたくさんあり競争が激化しています。そこで勝ち抜くためには何らかの強みを持つことが必要ですから重要視しているのです。

また、多くのIT企業では人材を採用するにあたり、できるだけ優秀な人材が欲しいと考えます。その際の指標の一つに資格があり、就職が有利に進む可能性が高くなります。
採用となって、いざ働くとなれば何らかの強みを持っている人材は重宝されますので、このような業界に進むためには予め関連するものを取得しておけば就職する際の武器となるでしょう。

IT系資格

IT分野で働きたいという場合に役立つ資格は次のようなものがあります。

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

マイクロソフト社のOffice製品の実務スキルを認定する試験で、別名MOSと呼ばれています。
業務上マイクロソフト社のアプリケーションを使用する頻度は高いです。
より深い知識を持っておくと個人のスキルアップにはもちろん、就職や転職においても有利になります。

シスコ技術者認定

世界共通の資格となっていて、シスコシステムズ社というネットワーク関連機器において世界で最も多くのシェアをされている企業が行う試験です。
この資格は5つの認定レベルと6つの分野で構成されており、その一つのCCNAを取得することはネットワーク技術 (TCP/IP) の基本的な力があることの証明と資格となります。

Sun Java認定資格

人気のプログラミング言語として昨今で多く用いられるのがJavaで、これはサン・マイクロシステムズ社により開発された言語です。その特徴がWindowsやUnixなどのOSが違っても使用できるのがメリットとして活用の場が広がっています。Java認定資格はキャリアアップはもちろんですが、就職や転職にも有利になりますし世界に通用する資格としてちゅうもくされています。

まとめ

IT分野での活躍をしたいと考えるのであれば、これらの資格は是非とも取得をしておきたいものです。いずれの資格も独学でやってやれないことはありませんが、より効率的に、より深く学び、しかも短期間でとなれば、やはり専門のスクールに入学することがおすすめです。
KENスクールであれば、これらの資格を取得するためのサポートを得られますし、しかも個別指導がありますので就職・転職に有利になります。
これからIT業界で働くことを希望するのであれば、まずはホームページを確認してみると良いでしょう。

この記事に関連する講座

例えばこんな資格はいかがでしょう

詳しくはこちら