KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Office > Excel関数 全角文字を半角に変換するASC関数

Office

Excel関数 全角文字を半角に変換するASC関数

「ASC関数」とは全角の英数・カタカナ文字を半角に変換できる関数です。
例えば、

データの入力をしていて、知らず知らずの内に全角と半角が混ざってしまった…
複数人でデータを入力していて、全角・半角の統一がされていない…

こういった経験がある方も多いのではないでしょうか?

再度入力し直すにしても手間がかかりますし、
データベースの修正はデータ量も多いはずですでの修正漏れが起こる可能性もあります。

そこで、活用したい関数が「ASC関数」です。

今回はこちらの得意先リストを更新します。B列には全角の文字が入っています。

ASC関数を使用して、C列に半角の文字として表示してみましょう。
※ASC関数は「文字列操作」の分類の中にあります。

 

引数は対象となる文字列を選択するのみです。文字が入力されているセルを選択したら、「OK」ボタンをクリックしてください。

 

文字列が半角で表示されました。

また、この結果を表に反映させるには、

関数で求めた結果を

コピーして、セルB4に[値貼り付け]をすれば完了です。

不要になったASC関数の結果は削除しておきましょう。

ちなみに、

「JIS」関数を使用すると、半角文字を全角文字に変換することも可能です。

ファイル内のデータが統一されていないと、正しく抽出することができないという場面もあります。

正しく統一されたデータを作成して効率的にデータ管理していきましょう!

Excel関数をもっと極めたいなら…!

これであなたも関数の達人!

詳しくはこちら