KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > フォームコントロールのTagプロパティの用途

プログラム

フォームコントロールのTagプロパティの用途

未経験から就転職を目指すJavaプログラミング特集

ExcelやAccessのフォーム、及びすべてのフォームコントロールにTagプロパティが存在しています。

このTagプロパティには特別な意味はなく、プログラマが自由な使い方をすることができるプロパティです。それ故に、どのように使えばよいのか考えてしまうものでもあります。

今回は使い道の1つとして、種類違いのコントロールをグループ化して扱う方法をご紹介します。

赤い線で囲っているコントロールは、上から順番にTextBox、ComboBox、ListBox、ToggleButtonです。

この4つのコントロールのTagプロパティに「group1」を設定します。

こうすることで、繰り返し処理を使い「group1」のコントロールに対する処理を実行することができるようになります。

以下はコマンドボタンをクリックしたときの処理です。

実行結果は、イミディエイトウィンドウに「group1」のコントロール名のみ表示されています。

コントロールの種類が多い場合、コントロールの種類ごとに処理を書くのは大変なので、そのようなときにTagプロパティを活用してみてください。

この記事に関連する講座

業務効率大幅UP!!初心者でも安心の講座です!

詳しくはこちら