KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Web・DTPデザイン > イラストレーターでリボンを簡単に変形

Web・DTPデザイン

イラストレーターでリボンを簡単に変形

KENスクールONLINE

ふわっとしたリボンのグラフィックはチラシやポスターなどを作る時のワンポイントとして大変重宝します。
今回はそんなパーツを作るうえで、オブジェクトに動きを付けるのに役立つ機能をご紹介します。

リボンのパーツ作成

まずは、長方形ツールやペンツールを使って、リボンのパーツを作成します。

リボンのパーツを作成

パーツのグループ化

リボンと文字をグループ化して、1つのオブジェクトとしてまとめておきます。
オブジェクトを選択後、[オブジェクト]メニュー→[グループ]を適用します。

オブジェクトをグループ化

変形の適用

[オブジェクト]メニュー→[エンベローブ]→[ワープの作成]を適用します。

ワープにはたくさんのスタイルがあり、カーブや変形のスライダーを調整することで、その見映えは無限に変わります。
[プレビュー]にチェックしますと結果が反映されます。[プレビュー]にチェックしながら設定するといいかもしません。

ワープ機能を適用する

ちょっとしたアレンジを加えることで、パーツが持つ魅力をさらに引き出せます。

ぜひ他にもいろいろなオブジェクトでワープ機能を試してみてください。

ワープ機能を使ったリボンの作成

WEB初心者から最短3ヵ月でWEBデザイナーを目指す

コロナ禍でリモートワークが増え、在宅でできるWEBデザイナーの仕事に人気が集まっています。

そこでKENスクールではニーズの高いオンライン完結のWEBデザインスクールを開校しました。WEBデザイナーになるために必要なカリキュラムを揃え、資格系を除いたすべてのカリキュラムを、通学と同じクオリティで提供致します。

完全マンツーマン授業で毎回先生が変わらないので、生徒の悩み、得手不得手などにいち早く気づき、生徒一人ひとりに合わせた指導をする事が可能です。

最短3ヵ月でWEBデザイナーを目指せる実践レベルで学ぶためのカリキュラムで、就転職のサポートまで付いたコースをご用意しています。

無料カウンセリングも実施していますので、ご興味のある方はこちらよりお問い合わせください。

この記事に関連する講座

基本的なIllustrator作業の操作スキルが身につく!

詳しくはこちら