KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > ネットワーク > ポートセキュリティその1

ネットワーク

ポートセキュリティその1

今回の記事ではポートセキュリティの概要と設定についてご紹介します。

ポートセキュリティの概要

ポートセキュリティは、Catalyst スイッチにおいて実装可能なセキュリティ機能です。

ポートセキュリティの実装は、スイッチのMAC アドレステーブルに、ネットワークへのアクセスを許可する端末のMAC アドレスを、「セキュアアドレス」としてエントリすることで実現されます。

例えば、スイッチのF0/1 ポートにMAC アドレス「0001.aaaa.bbbb」をセキュアアドレスとしてエントリした場合、F0/1 ポートではこのMAC アドレスを持つ端末からのデータを受信し、転送を行います。

しかし、エントリされていないMAC アドレスを持つ端末からのデータは破棄します。

セキュアMACアドレス

セキュアMAC アドレスとは、ポートセキュリティが有効となっているポートでアクセスが許可されるMAC アドレスを指します。

Catalyst スイッチでは、上記のように3 タイプのセキュアMAC アドレスをサポートしています。

また、「switchport port-security mac-address sticky」コマンドにより、ダイナミックMAC アドレスをsticky セキュアMAC アドレスに変換して、その結果をrunning-config に変換することができます。

これにより、アクセスを許可される端末のMAC アドレスを手動で入力する必要がなくなります。

なお、sticky コマンドが無効にされた場合は、sticky セキュアMAC アドレスはダイナミックセキュアMAC アドレスに変換され、running-config からもそのMAC アドレス情報が削除されます。

ポートセキュリティの設定

セキュアアドレスのスタティックエントリ

ポートセキュリティのセキュアアドレスのエントリ方法として、スタティックで行うことができます。

このエントリ方法を使用すると、明示的にアクセス可能な端末のMAC アドレスを指定することが可能です。

  1. 指定したポートを、アクセスポートに固定します。
    この設定がされていないと、ポートセキュリティを有効にすることができません。
  2. ポートセキュリティを有効にする。
  3. 登録するMAC アドレスを、セキュアアドレスとしてスタティックエントリ。
    (上記では0001.aaaa.bbbb をセキュアアドレスとして登録)

 

Catalyst スイッチは、1つのポートに対して複数のMAC アドレスを動的にエントリできます。

しかし、ポートセキュリティを有効化し、エントリ数の制限を指定しない場合、デフォルトでのエントリ数は1となります。

例えば、F0/1 ポートにMAC アドレス0001.aaaa.bbbb の端末のみアクセス可能と設定するには、F0/1ポートでのエントリ数を明示的に1つに絞る必要があります。

 MAC アドレスの最大エントリ数を入力。

ここでは、スイッチのF0/1 ポートでのエントリ数は1つと設定。

前ページの設定により、F0/1 ポートにはエントリされたMAC アドレスの端末しか接続できなくなり、別のMAC アドレスの端末が接続されてもアクセスが拒否されます。

Sticky によるセキュアアドレスのエントリ

セキュアMAC アドレスをSticky でエントリする場合は、対象のインタフェースで下記のように設定します。

  1. ポートセキュリティの有効化。
  2. 登録できるセキュアMAC アドレスの最大数を指定。

この例では2つまでとしています。

 Sticky の設定。

「sticky」により、セキュアMAC アドレスを動的に学習できるようにする。
この例では、2台目のPC が接続するまでは学習したMAC アドレスを登録できます。

いかがでしたでしょうか。
ぜひ学習の際にお役立て下さい。

この記事を読んだ方にオススメのコース

理解力が違う!個別指導

詳しくはこちら

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます