KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > プログラマーの種類と仕事内容

プログラム

プログラマーの種類と仕事内容

未経験から就転職を目指すJavaプログラミング特集

プログラマーの種類と仕事内容

プログラマーの種類

プログラマーと一言で言っても業態は様々あり、扱う言語や開発するものは幅広くあります。
ここで一例としてご紹介するプログラマーの種類分けは大枠であり、業務によってはこの垣根を超えて作業をすることもあります。

この記事では、いくつか代表的なプログラマーの種類や内容について紹介します。

Webプログラマー

WebアプリやWebサービスなどの開発を行うプログラマー。
普段皆さんが利用するショッピングなどのECサイトやSNSサイトなど、Webを介して利用されるものを開発します。
代表的な使用言語はJavaやPHP、JavaScriptなどがあり、
サーバーマシンやネットワークインフラ、データベースの知識もある程度必要とされます。

スマホアプリプログラマー

AndroidやiOSなどで動くスマートフォンアプリケーションの開発を行うプログラマー。
ツールやゲームなど最近ではより身近な場所で利用されるものを開発します。
代表的な使用言語はJava、Swift、JavaScriptなど。

業務システムプログラマー

経理や法務、営業支援、基幹業務で使用するシステム開発を行うプログラマー。
その企業の業態によって幅広く作業をしますが、Web系からパッケージソフトなどシステムの形態は様々であり、言語も形態に応じて様々なものを扱います。

組み込み系プログラマー

家電製品やカーナビ、スマートフォン(OS)などに組み込まれるプログラム開発を行うプログラマー。
昨今IoTの普及動向から企業案件数も高まりつつあります。代表的な使用言語はCやC++、Javaなどが挙げられます。

汎用機系プログラマー

企業の基幹業務やサーバー向けに構築されたメインフレームと呼ばれる大型コンピュータシステムの開発を行うプログラマー。
最近ではクラウドコンピューティングの増加傾向から、企業が保有する汎用機とそのエンジニアの数も減少傾向にあります。
代表的な使用言語はCOBOLやPL/Iなどが挙げられます。

スクール(講座)紹介

Javaプログラマー養成コース

アプリケーション開発言語としてニーズの高いJavaを学習し、データベース接続、Webシステム構築、フレームワークまで身につけるコースです。Java系Webアプリケーション開発スキルを習得し、一日も早くエンジニアとして活躍したい方はもちろん、オブジェクト指向言語での開発を理解したいエンジニアや他言語からのキャリアチェンジを目指す方にもお勧めです。

Javaプログラマー養成コースの詳細はこちら

Cプログラマー養成コース

プログラム開発初心者に対応したカリキュラムで、ソフトウェア開発の標準言語であるC言語の習得を目指す方向けの講座です。C言語の基礎から、組込みソフトウェア開発を念頭に置いた応用プログラミングまで、様々な演習課題に取り組みます。IT業界未経験の方でも無理なく学習していただけます。

Cプログラマー養成コースの詳細はこちら

PHPショッピングサイト構築講座

主に中小規模Web開発におけるPHPプログラミング技術を学習する講座です。個別授業で学習するのでプログラム初心者からでも安心して取り組むことができます。PHPプログラミングの基礎からはじめ、MySQLを使用しデータベースとの連携までを学習していきます。最終的には、本格的ショッピングサイトを一から構築できるスキルまでを身につけます。

PHPショッピングサイト構築講座の詳細はこちら

iPhone & Androidアプリ開発コース

iPhoneアプリを開発する言語「Swift」とAndroidアプリを開発する言語「Java」を学習できるセットコースです。iPhoneアプリ開発講座は「Swift」を基礎から学習し、アプリケーション構築のノウハウを身につける所まで、習得できる講座です。その後、Android S上で動作するアプリケーションのJavaプログラミングを学び、基本的な画面レイアウトの作成方法から、データベースの利用などの技術を習得し、自分で開発したアプリケーションを動作させながら学習します。

iPhone & Androidアプリ開発コースの詳細はこちら

この記事を読んだ方にオススメのコース

理解力が違う!個別指導

詳しくはこちら