KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Web・DTPデザイン > 写真内から不要な人や物を簡単に削除する方法

Web・DTPデザイン

写真内から不要な人や物を簡単に削除する方法

Web講座受講キャンペーン

写真を撮影した時に不要な人や物が入り込んだ、という経験はないでしょうか。
今回は不要な人や物を簡単に違和感なく削除するいくつかの方法をご紹介します。

塗りつぶし「コンテンツに応じる」

削除したい人や物を選択します。
画像はなげなわツールを使用していますが、どの選択ツールを使用しても問題ありません。

[ツールバー]>[編集]>[塗りつぶし]を選択します。

[コンテンツに応じる]を選択して、OKをクリックします。

選択した人がきれいに削除できました。
後は選択範囲を解除して終了です。

パッチツール

[パッチツール]を選択して削除したい人や物を選択します。

消去したい人や物を選択したら、選択範囲をドラッグしながら左右に移動させます。
ドラッグした範囲と選択した範囲を置き換えても馴染みそうな所へドラッグしましょう。

選択した猫がきれいに削除できました。
後は選択範囲を解除して終了です。

修復ブラシツール

修復ブラシツールは指定した場所をサンプルとして、別の場所に貼り付けることができます。

[修復ブラシツール]を選択してコピー元を選択します。

レイヤーパネルから新規レイヤーを作成します。

消したい部分をブラシでなぞるようにドラッグします。

これを繰り返すと不要な部分を削除することができます。

いかがでしたでしょうか。
今回は3つの削除方法をご紹介しました。
どれも簡単に操作できますので皆さんも試してみてください。

この記事に関連する講座

プロのカメラマンが撮影しても、より「魅せる写真」にするために写真加工は必須です。現在ではWeb制作にも欠かせない素材作成ツールとしても有名です。既存の画像に特殊効果を施したり編集したりすることが主な機能です。デザイン業界で仕事をするなら特にしっかりと学習する必要があります。

詳しくはこちら