KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > プログラム > IT業界への転職前に見る、ITとは何ぞや

プログラム

IT業界への転職前に見る、ITとは何ぞや

未経験から就転職を目指すJavaプログラミング特集

とりあえずIT業界

なんとなくITに興味があるから、これからはITでしょ、ゲーム好きだから、これと言ってやりたい事もないから。

上記の気持ちでIT業界に足を踏み入れる人が多いと思います。私自身がそうでした。

IT=プログラマー?

IT業界へ転職は決めたが、IT=プログラマーぐらいの認識しかありませんでした。

そこで、転職前にIT業界とは?から調べ始めました。

調べるとITスキル標準(ITSS)というスキル表が存在した。

以下Wikiからの引用

‘経済産業省が定めている個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化しIT人材に求められるスキルやキャリア(職業)を示した指標である。ITサービスの分野11職種38専門分野ごとに,最高7段階のスキル・レベルを設定している。それぞれのレベルについて、要求される業務経験や実務能力、知識を定義している。‘

レベルごとの指標については下記IPA 情報処理推進機構を確認していただきたい。

https://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/download_V3_2011.html

表の職種を確認した際、マーケティング、セールス、コンサルタント、エデュケーションもITに含まれると全く考えていませんでした。(今思うと含まれると当然なのですが・・・)

元来私は人と話す事が好きな分類なのでエデュケーションとしてIT業界に貢献していく道を選びました。

現在転職を考えている方はIT業界の中でもどの職種に向かっていきたいのか、上記表内職種を調べてから転職活動をすることをお勧めします。

ITSS+

現在はITSS+というスキル指標も公開されています。

第4次産業革命(IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ビッグデータを用いた技術革新)に向け、IT業界で働いてきた人の“学び直し”が重要となってきて、積極的な学び直しを通じ“安定性・信頼性を確保しつつ、スピードや 柔軟性を追求・実現する IT投資の最適解を担う人材”となることが期待され作成されたものとなります。

以下、IPAからITSS+のイメージ画像引用

参考文献

https://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/download_V3_2011.html

https://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/itssplus.html#section1-3

合わせて読みたい: KENスクールの学習システム

この記事に関連する講座

IT業界への転職前に見る、ITとは何ぞや

詳しくはこちら