KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Web・DTPデザイン > Javasriptにおける変数について

Web・DTPデザイン

Javasriptにおける変数について

未経験から就転職を目指すJavaプログラミング特集

変数の役割というのは値や文字列、または数式を変数に格納しておくことができます。
格納する変数には好きなように名前をつけることができて、好きな時に取り出したり、変数によっては何度も中身を書き換えるということもできます。
私たちの身の回りのもので例えるなら、USBメモリーやハードディスクみたいな役割を果たします。
まずは変数を入力して挙動を確認してみましょう。

6行目に書いたように、変数を作成するには「これから変数を作ります!」と宣言文が必要です。
その時に必要な用語が「let」です。

変数は中身を後で書き変えることも可能です。

9、10行目で変数の中身の書き変えが行われました。

変数にはあともう2つの変数定義のやり方があります。
それは「let」の代わりに「const」を使うやり方です。
それでは、次は「let」の代わりに「const」にコードを書き変えてみましょう。

2015年にES6が標準化されてから、「let」と「const」が徐々に使用されるようになりました。

「let」と「const」の違いについては、「let」は再代入ができる変数宣言ですが、
constは出来ない変数宣言になります。
「const」は書き変えができないこそ、予期せぬエラーを防ぐのにもっとも適しています。

他にも「var」という宣言の仕方もありますが、変数の適用可能範囲である「スコープ」というものが関係していて、意図しない挙動を起こす可能性があるため、「var」は今後は使用を控えるようにすることを推奨します。

変数宣言の違いについては、しっかりと理解して使うようにしましょう。

この記事に関連する講座

Javascriptの変数宣言とは?

詳しくはこちら