KENスクールブログ | パソコン教室・パソコン講座なら個別指導のKENスクール

BLOGKENスクールブログ

  1. KENスクール TOP >
  2. KENスクールブログ > Web・DTPデザイン > HTMLを始めよう! その4

Web・DTPデザイン

HTMLを始めよう! その4

KENスクールONLINE

前回は、HTML5の「section要素」についてお話しました。
今回は、「article要素」についてお話しましょう。

article要素はsection要素より、さらに使い方が明確です。

article要素の使い方

サイト内で自己完結しており、それ自体で独立したコンテンツとして成り立っている必要があり、article要素の内容だけ抜き出して違和感がないもの。

まずは、見出しと段落のみで構造を記述してみましょう。

srticle1

 

続いては、HTML5のルールでより明確なマークアップをしましょう。

srticle2

見出しと段落をsection要素で囲みました。
section要素で囲むことで、見出し1に対しての段落までの内容が、文章の「節」の意味となります。

ここに「article要素」を加えます。

srticle3

見出し1と3つのセクションをarticle要素で囲むことで、1つの内容となり、独立した自己完結コンテンツと定義されます。

section要素とarticle要素の違いは難しいですが、記事が自己完結しているかどうかを判断しましょう。

次回は、article要素とarticle要素の組合せ方をご説明します。

WEB初心者から最短3ヵ月でWEBデザイナーを目指す

コロナ禍でリモートワークが増え、在宅でできるWEBデザイナーの仕事に人気が集まっています。

そこでKENスクールではニーズの高いオンライン完結のWEBデザインスクールを開校しました。WEBデザイナーになるために必要なカリキュラムを揃え、資格系を除いたすべてのカリキュラムを、通学と同じクオリティで提供致します。

完全マンツーマン授業で毎回先生が変わらないので、生徒の悩み、得手不得手などにいち早く気づき、生徒一人ひとりに合わせた指導をする事が可能です。

最短3ヵ月でWEBデザイナーを目指せる実践レベルで学ぶためのカリキュラムで、就転職のサポートまで付いたコースをご用意しています。

無料カウンセリングも実施していますので、ご興味のある方はこちらよりお問い合わせください。

この記事に関連する講座

Webデザインの現場ではHTMLやCSS基礎知識は必須です。

詳しくはこちら