DTPオペレーターになるには - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

  1. パソコン教室 KENスクール TOP >
  2. Webデザインスクール >
  3. DTPオペレーターになるには

DTPオペレーターとは? DTPオペレーターの仕事内容から適性・役立つ資格・スキルまで徹底解説!

DTPソフトを使いこなすデータ編集者

Webデザインコース

DTPオペレーターは、デザイナーが作成した案を基にデータを調整・加工して編集する仕事です。パンフレット等はIllustrator、書籍や雑誌などページ数のあるものはInDesignといったツールを使って作業します。写真やイラスト等の加工ではPhotoshopを使うこともあり、デザインスキルも求められるでしょう。

デザイナーの指示通りに作業するスキルが必要となり、経験を積めばDTPデザイナーやWebデザイナーに転身するケースもあります。


DTPオペレーターの仕事内容

1.フォーマットを作成

DTPオペレーターは、パソコン上でデータを調整・加工・修正する仕事がメインです。デザイナーの原案を基に印刷物を完成させるため、まずフォーマットを作成します。印刷に関するフォーマットになるため、その後の工程にも大きな影響を与えます。


2.原稿データを入力

各スタッフから提出された原稿データを入力する作業です。ライターからの文章をテキストデータに、デザイナーのデザイン案やカメラマンからの写真データはデジタル画像へと変換していきます。


3.レイアウトの調整・修正

入力した原稿データはそのままでは使えないため、調整する必要があります。全体を俯瞰した時の文字詰め、行間ルール、禁則処理などを細かくチェックしていきます。DTPデザインは成果物が紙面として形に残ります。簡単に直すことができないため、修正が発生しないように完成させなければなりません。


4.校正・納品する

DTPデータが完成したら、まずは自分で校正して誤りがないか確認します。その後、校正担当者のチェックが入り、修正箇所が無くなるようにこのやりとりを繰り返します。校正が完了したら、クライアントや印刷会社にデータを納品して入稿完了となります。


DTPデザイナーとの違い

DTPデザイナーは、チラシ・POP・広告などのデザイン作業をするのが仕事です。こちらは実際に自分でデザインを行うため、クリエイティブ色が強いと言えるでしょう。一方でDTPオペレーターはDTPルールに則り、文字詰めやレイアウト調整を行って印刷物を出力できる形に仕上げるのが仕事となります。デザイナーがデザインした案を基に業務を行い、基本的に作業感の強い仕事です。しかし、最近では両者を兼任する職場も多いです。


・関連する職種:  DTPデザイナー


DTPオペレーターの適性

集中力がある

DTPオペレーターはDTPデザイナーの指示を基に作業できることが求められます。そのため、単純作業でも集中して進められる人が向いていると言えるでしょう。細かい画面を見ながら数ミリ単位でレイアウトを調整することも多く、コツコツした作業が好きな人に向いています。


丁寧なチェックでミスを防げる

DTPオペレーターの成果物は、データではなく紙面に印刷されて残ります。そのためミスが見つかると、刷り直しやシールでの修正など大掛かりな作業が必要となってしまいます。業務に当たって、小さなミスや違和感にも気づきやすい人が向いているでしょう。誤字脱字やフォントの間違い、画像のミスなどは経験を積むと気づきやすいですが、紙面全体に目を配れると業務に生かせます。


自分なりのリフレッシュ法がある

DTPオペレーターの業務は細かく、集中力が求められます。そのため、自分で適宜リフレッシュする必要があるでしょう。気分を切り替えて集中力を保てると、業務もサクサク進められます。また、パソコン作業が好きで新しい勉強も苦にならないと、スキルアップも早くなります。


DTPオペレーターに役立つ資格・スキル

資格1.DTPエキスパート

「DTPエキスパート」は、日本印刷技術協会(JAGAT)による検定試験です。コンピューターを使って出版物などをデザイン・編集・製版・印刷・加工する技術や知識があることを証明できる資格になります。「DTPエキスパート」と「DTPエキスパート・マイスター」の2段階制で、資格取得後は2年ごとの更新制となります。


資格2.DTP検定

「DTP検定」は、DTPに関する幅広い知識を問う民間試験で、職種別に2つのコースが用意されています。企画・編集職や広報職ならディレクション(DTPII種)、社内外向けの資料を作る営業職や事務職ならビジネス(DTPIII種)の受験が適しています。出版・広告・印刷などメディア業界での技能を身に付けている証明として役立ちます。


資格3.色彩検定

「色彩検定」は、公益社団法人色彩検定協会が主催する民間資格です。1~3級とUC級の4つのレベルがあります。1級では専門的な知識が問われ、色彩と文化、調和論、ファッションビジネスに関する出題もあります。UC級は色彩多様性に関する内容となっており、多くの人が使いやすいユニバーサルデザインの知識が深まります。


スキル1.Photoshop

Photoshopはアドビ社が提供している、写真素材を自由自在に加工・編集可能なフォトレタッチソフトウェアです。 写真の色調整や編集・加工だけでなく、Webサイトやフライヤーなどのデザイン制作としても重宝されています。ツールを理解していると、デザイナーとの打ち合わせもスムーズでしょう。


・関連する講座:  Photoshop講座一覧


スキル2.Illustrator

グラフィックデザインを作成する際には欠かせないソフトです。画像を点の座標や点を結ぶ曲線の方程式のパラメータなどの形で扱うベクター(ベクトル)グラフィックスを作成・編集します。プレゼン資料作成に使うことも多く、業務にすぐに生かせるでしょう。


・関連する講座:  Illustrator講座一覧


スキル3.InDesign

InDesignとはDTPソフトのひとつで、画像と文字(文章)を組み合わせたレイアウト・デザインを行うソフトです。印刷物のページ制作・管理を行うための本格的な文字組版を行うことができます。


・関連する講座:  InDesign講座一覧

DTPオペレーターの働き方

DTPオペレーターはチームの一員として仕事をこなします。デザイナーやディレクターとともに仕事をする上で、デザインについてのスキルや知識を日々学習する事ができるでしょう。DTPオペレーターは派遣社員やアルバイトとして募集している会社も多いということも特徴の一つです。アルバイトでDTPオペレーターを経験し、DTPデザイナーにキャリアアップするといった働き方も少なくありません。

DTPオペレーターのキャリアパス

DTPオペレーターはデザインに関するお仕事として未経験者がもっともチャレンジしやすい職業といえます。最初のうちは下処理のような比較的簡単な仕事が多くはなりますが、デザインの現場でスキルやノウハウを蓄積して、いずれはデザイナーとしてキャリアアップすることが可能です。やりがいを考える上でも、指示されたとおりに制作するオペレーターよりも自分でデザインを生み出すデザイナーの方が充実感・達成感を得ることが出来るでしょう。

DTPオペレーターの平均年収は

20代 271万円
30代 317万円
40代~ 360万円

平均年収

DTPオペレーターはアルバイトとしても多くの募集案件が存在するので、デザイン業界の中でも平均年収は低い傾向にあります。比較的単純な作業が多く年収も低い職種ではありますが、オペレーターとしてデザインの経験を積み、DTPデザイナーやWebデザイナーへキャリアアップを目指すことで年収も向上していくでしょう。

DTPオペレーターにおすすめの講座

未経験でDTPデザイナーを目指すなら

DTPデザイナーにとって欠かせないPhotoshop、Illustrator、InDesignのベーシックなスキルを身に付ければ、現場ですぐに実践できるでしょう。画像の補正や合成のテクニック、イラストやロゴマークの作成などが学べて初心者におすすめです。

DTPデザイナー就転職総合コース

DTPデザイナー就転職総合コース
各種パッケージデザインやリーフレットデザインなどのデザイン業界で即戦力となる技術が習得できる講座です。

講座詳細はこちら

DTPエディトリアルデザインコース

DTPエディトリアルデザインコース
印刷媒体やWebページのデザインでよく使われている画像の補正や合成のテクニック、イラストやロゴマークの作成など基礎からしっかり学習します。

講座詳細はこちら

DTPオペレーターの資格取得を目指すなら

「Webクリエイター能力認定試験エキスパート」の取得で、Webサイトの基本的なコーディング能力の証明になります。また「ウェブデザイン技能検定」は国家資格で、HTML・CSSやページデザイン・アクセサビリティなどのWebサイト制作で必須の技術だけでなく、Webサーバ関連のネットワーク知識、JavaScriptなどのコーディング知識まで広い知識が身に付きます。

Webクリエイター能力認定試験エキスパート

Webクリエイター能力認定試験エキスパート
HTML、CSSに関する深い知識とスキルを証明できる貴重な資格を取得できる講座です。

講座詳細はこちら

ウェブデザイン技能検定2級対策講座

ウェブデザイン技能検定2級対策講座
ウェブサイト制作で必須の技術だけでなく、Webサーバ関連のネットワーク知識、JavaScriptなどのコーディング知識まで広い知識が身に付きます。

講座詳細はこちら

DTPオペレーターのスキルを磨くなら

DTPオペレーターに必須スキルであるInDesignの上級講座で本格的な紙面のデザイン技術を磨きましょう。また、デザインを作成する上で、観察力・表現力・テクニックといった独学や書籍からでは絶対に習得できないプロの極意を身に付けましょう。

InDesign上級

InDesign上級
横組み・縦組み雑誌のレイアウトからグラフィックを使用したページデザイン、表の作成などを学びます。本格的な紙面デザインを作成できるようになります。

講座詳細はこちら

「極」グラフィックPro

「極」グラフィックPro
現場で求められる「デザイナー育成のカリキュラム」です。 独学や書籍からでは絶対に習得できないプロの極意をご紹介します。

講座詳細はこちら

この職種に関連するおすすめ単科講座