レスポンシブWebデザイン基礎 - デバイスサイズに応じてページのレイアウト・デザインを最適化

Web Design

ウェブデザインコース

デバイスサイズに応じてページのレイアウト・デザインを最適化

レスポンシブWebデザイン基礎

実践的なWebサイトを制作します。更に、より実践的なコーディング技術や、Webサイトを様々なデバイスに対応させることができる「レスポンシブWebデザイン」の基礎を学びます。近年ではスマートフォン・タブレットの普及に伴い、Webサイトの閲覧率がパソコンを上回りました。
また、各ベンダーから様々なスクリーンサイズのデバイスが発売されているため、それぞれに対応するWebサイトの制作が必須となりました。そこで、デバイスに依存せずウィンドウサイズを可変させ適応させるレスポンシブWebデザインでの制作スキルが求められています。
本講座では、従来のワークフローから新しいワークフローを習得し、CSS3のMedia Queries(メディアクエリ)を使い、各デバイスに最適化させる手法「レスポンシブWebデザイン」の基礎を学びます。また実践制作にあたり、レスポンシブ以外の最新技術なども併せて紹介しています。

コース画像

受講時間 20時間
受講料 ¥84,000(税抜き)
受講期間 3ヶ月
サポート
  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者
  • 個別授業
  • オンライン動画
  • 受講回数期間内無制限
習得スキル
  • レスポンシブWeb
  • HTML5
  • CSS3

この講座の3つのポイント

  • 効果的なレスポンシブWebサイト制作フローの習得
  • 複雑なCSSを利用したサイト制作
  • レスポンシブレイアウトの習得

カリキュラム

  • レスポンシブWebデザイン基礎20時間
    • ●レスポンシブWebデザインとは●メディアクエリ●レスポンシブWebデザインのワークフロー●情報設計●画面設計●ワイヤーフレームの作成●サイト制作●プロトタイプの作成●スモールサイズの作成●ラージサイズの作成●Flexbox●position●webfont●webアイコン

こんな人におすすめです

  • レスポンシブWebデザインについて理解を深めたい方
  • コーディングスキルを磨きたい方
  • Web業界への就転職を考えている方

レスポンシブWebデザイン基礎が学習できる校舎