CCNA - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

Network

ネットワークコース

未経験でも就職できる!

プログラミング資格紹介 CCNA

CCNAとは

ネットワーク機器の最大手であるシスコシステムズ社が実施するネットワークエンジニアの技術を認定するベンダー資格のひとつです。
数あるシスコ社の技術者認定資格の中でもネットワークエンジニアへの登竜門的な資格として位置づけられます。
シスコ社のルータやスイッチなどのネットワーク機器の構成、管理のスキル習得だけではなく、ネットワークの基礎知識の習得の証明にもなり、CCNAで身につけた知識はシスコ社製以外のネットワーク機器を扱う際にも役立ちます。

CCNAの難易度

ネットワークエンジニアへの登竜門と位置づけられ、以前は最初にCCNA取得を目指す、ということが多かったのですが、現在は、試験バージョンがあがるにつれ試験範囲が広がり、難易度も大幅に上がっています。
そのため、KENスクールでは、より入門者向けの資格であるCCENT(ICND1)取得をまず目指し、その後ICND2試験を合格してCCNA認定を取得するというフローで学習を進めます。ICND2試験はCCENTとCCNAの差分のような試験のため、学習範囲を絞って段階的に対策を進めることができます。
これからネットワーク業界に進もうと思っている方に最初にお勧めする資格です。

CCNAの合格率

合格率は非公開、近年試験範囲が広がり難易度が上がったことから50%程度といわれています。 KENスクールのカリキュラム履修後の合格率は90%を誇ります。

試験内容・出題例

ネットワーク管理者は SSH を使用してリモートルーターに接続することができません。
『show interfaces』コマンドにより以下のメッセージが表示されました。

Router#show interfaces
Serial0/1/0 is up, line protocol is down

管理者は OSI 参照モデルのどの層からトラブルシュートを開始すべきですか?

A.物理層
B.データリンク層
C.ネットワーク層
D.トランスポート層

レイヤ 2 スイッチに以下の設定を行いました。

interface fastethernet 0/1
switchport mode access
switchport port-security
switchport port-security mac-address 0000.1111.1111
switchport port-security maximum 2
スイッチに適用されている設定を表すものを選びなさい。(2つ選択)

A.0000.1111.1111 のmacアドレスを持ったホストおよび他のホスト2台までが、fastEthernet 0/1に同時に接続することができます
B.0000.1111.1111および1つの他のホストのmacアドレスを持ったホストは、fastEthernet0/1に同時に接続することができます
C.ルール違反のアドレスからのデータは破棄されます。また違反の記録はとられません
D.このポートはシャットダウンです

この資格を目指せる講座

CCNA取得講座

コース画像

受講時間 50時間
受講料 ¥170,000(税抜き)
受講期間 3ヶ月