CADオペレーターになるには - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

  1. パソコン教室 KENスクール TOP >
  2. CADスクール >
  3. CADオペレーターになるには

目指せる職種紹介 CADオペレーター

日本のものづくりを支える仕事

CADオペレーターとは、CADの操作を専門的に行う仕事です。設計者やデザイナーが考えた形をCADに入力し、図面や3Dのデータとしてコンピューター上で利用できる形にします。CADはものづくりを行う業界で幅広く使われているため、建設(建築・土木)、機械、自動車や飛行機などの輸送機器、電子部品、家具や服飾品など、CADオペレーターの活躍の場も多岐に渡っています。

こんな方にお薦め!気になる、職種への適性

  • ものづくりに興味がある方
  • 几帳面で、細かい作業が得意な方
  • コンピューターが好きな方

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

役立つ資格とスキル

  • Word、Excel、PowerPointなどの基本的なPCの操作
  • 設計や製図に関する知識
  • CAD利用技術者試験

設計者が考えた形を図面やデータとして表現するための技術が
CADオペレーターには求められます。

CADオペレーターの働き方

CAD(キャド)オペレーターは設計者が描いた手書きの図面を、CADソフトを使って、コンピューター上に正確に描いていくのが仕事です。また、設計者から「この部品を変更するこになったので、図面を修正してほしい」というように依頼が入ります。CADを操作し、すでにある図面のその部品に関わる場所を設計者の指示の通りに修正します。修正が終わったら設計者に図面を渡し、チェックを受けます。

CADオペレーターのキャリアパス

CADオペレーターのスキルをのばし、熟練したCADオペレーターとなることで、年収UPは期待できるといいます。CADを使える人材は多いものの、熟練した技術で使いこなすことのできる人材はかなり少ないと言われています。また、コネがあれば独立して平均年収をUPさせることもできます。

年代別平均年収の目安

20代 233 万円
30代 304 万円
40代~ 386 万円

平均年収

この職種に必要なスキルが学べる講座

AutoCAD建築初級

AutoCAD建築初級
AutoCADの操作から機能を学び、2DCADの基本を学習します。また実務での活用を目的として建築製図の基本から実際の作図までを演習を通して学びます。

講座詳細はこちら

CATIA V5 初級

CATIA V5 初級
自動車、船舶、航空業界、家電メーカー等でもっともよく使われている3DCAD「CATIA」の操作方法を習得するための講座です。

講座詳細はこちら

NX初級

NX初級
自動車業界や家電メーカー等、様々な分野で幅広く使用されている3DCADソフト「NX」の操作方法を習得するための講座です。

講座詳細はこちら