ORACLE MASTER Silver対策 - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

Progamming

プログラミングコース

プログラミング資格紹介 ORACLE MASTER Silver

ORACLE MASTER Silverとは

ORACLEデータベースのインストールや環境構築、バックアップリカバリなど、大規模データベースの管理者として必要な知識を持つ技術者を認定し、Oracleデータベースの中級管理レベルの資格に該当する資格です。Bronzeは「SQL試験」と「DBA試験」の二科目ですが、Silverは「DBA試験」の一科目のみになります。

資格名 合格率 勉強時間
ORACLE MASTER Silver 約50%~70% 30時間

※ORACLE MASTER Bronze 資格の取得者が対象です。

資格取得のメリット

これからデータベースアドミニストレーターとして就業をお考えの方にとって必須となる資格です。また、ORACLE MASTER Bronzeの上位資格となるため、他の人と差をつけたい方にもおすすめです。毎年のIT技術者向けアンケートの「いる資格ランキング」で、必ず上位に入る資格です。

試験内容・出題例

  • Oracleデータベース・アーキテクチャ
  • データベース環境の準備
  • Oracleデータベースの作成
  • Oracleインスタンスの管理
  • Oracle Networkの環境設定
  • データベース記憶域構造の管理
  • ユーザー・セキュリティの管理
  • データおよび同時実行性の管理
  • UNDOデータの管理
  • Oracle Databaseセキュリティの実行
  • データベース・メンテナンス
  • パフォーマンス管理
  • インテリジェント・インフラストラクチャの新機能
  • バックアップおよびリカバリの概念
  • データベースのバックアップ
  • データベースのリカバリ
  • データの移動

この資格を目指せる講座

ORACLE MASTER Silver講座

コース画像

受講時間 30時間
受講料 ¥155,000(税抜き)
受講期間 3ヶ月