スマートフォンエンジニアになるには - パソコンスクール・パソコン教室なら個別指導のKENスクール

  1. パソコン教室 KENスクール TOP >
  2. プログラミングスクール>
  3. スマートフォンエンジニアになるには

目指せる職種紹介 スマートフォンエンジニア

ソーシャルゲームを中心に自分のアイディアをカタチにするエンジニア

スマートフォンエンジニアは、スマートフォン(iPhoneやAndroidなど)で使用するSNS、ソーシャルゲーム、教育アプリなどの設計、開発を行います。
他に、各企業が提供している様々なサービスをスマートフォンアプリとして構築する仕事も増えています。
大規模な開発もありますが、数人程度の小規模なチームで、プランナー、デザイナーと協力してアプリを開発する事が多いです。小規模なチームのため、プログラミングの技術力に加えて、設計やプランニングやデザインのセンスなどが求められる場合もあります。また、AndroidやiOS向けの開発技術(JavaやSwiftなどのプログラム言語)だけでなく、システム開発の実務経験と技術も求められる事が多いです。

他の職種との関連性

スマートフォンエンジニアは、プログラマーやシステムエンジニアとしての実務経験が求められます。この経験に加えて、スマートフォンアプリを構築するための専門知識が必要です。
スマートフォンアプリで使用されている言語は定期的にバージョンアップされます。そのため、最新技術の習得に貪欲でなければ、決して勤まりません。

こんな方にお薦め!気になる、職種への適性

  • 最新技術の習得に貪欲な方
  • コミュニケーション能力の高い方
  • デザインスキルが高い方

こんな方におすすめ

スマートフォンエンジニアの仕事はプログラミングが中心ですが、設計やプランニングやデザインのセンスなど技術も求められます。 アプリごとにデータベースを構築するので、データベースに関する知識も必要です。 小規模なチームでの作業になりますが、各分野のエンジニアと連携して作業するため、コミュニケーション能力は不可欠です。

こんな方におすすめ

役立つ資格とスキル

  • Androidアプリ開発技術(Java)
  • iPhoneアプリ開発技術(Swift)
  • 様々なデバイス(端末)の知識
  • システム開発の実務経験
  • データベース設計構築スキル(SQL)
  • デザインスキル
スマートフォンエンジニアは、スマートフォンアプリを構築するためのプログラム言語の知識が必要です。 デザインスキルが求められることもあります。アプリごとにデータベースを構築するので、上記の資格がこれらの知識とスキルを持つことの証明になります。

スマートフォンエンジニアの働き方

スマートフォンエンジニアとしての働き方は、大規模な開発もありますが、数人程度の小規模なチームで開発を行う場合いが多いです。
小規模なチームで編成され、プランナー、デザイナーと協力してアプリを開発します。そのため、プログラミングの技術力に加えて設計やプランニングやデザインのセンスなども必要です。
また、AndroidやiOS向けアプリを開発する技術は、定期的にバージョンアップされるため、常に最新技術を習得することになります。

スマートフォンエンジニアのキャリアパス

スマートフォンエンジニアとして、スキルを身につけ、経験や実績を積みます。その経験や実績を活かし、ゲームの企画に興味があれば、クリエイターやプランナーとしてのキャリアを伸ばすこともできます。プロデューサーとしてプロジェクトを管理する能力が必要とされることから、マーケティングやマネジメントに特化する道もあります。

平均年収の目安

スマートフォンエンジニアの平均年収は、約460万円です。スマートフォンエンジニアの年収の約40%が、400万円台です。全体の約25%が300万円台でとなっています。おり、スマートフォンエンジニアの大半は年収300~400万円台だということが分かります。
ゲームやSNSなどの開発経験があり、かつヒット作に企画から携わった実績があれば1,000万円以上というエンジニアもいます。

平均年収

この職種に必要なスキルが学べる講座

Android & Javaエンジニア就転職総合コース

Android & Javaエンジニア就転職総合コース
システム開発求人において最もニーズの高いJavaにおけるWebシステム開発と、人気急上昇中のAndroidアプリケーション開発の両方を学べる、人気No.1パックです。

講座詳細はこちら